すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ

<ケース別>Teams会議のURLを発行/取得する方法

July 10, 2022

Teams会議は社内だけではなく社外の取引先やパートナーを招いて開催する場合があります。Teams会議を設定する際に社外メンバーのメールアドレスを入力すると自動的に招待メールがその社外メンバーにも送信されます。しかし、別途メールでTeams会議のURLをメール本文に張り付けて参加について案内するとより丁寧です。今回の記事では、Teams会議のURL発行/取得する方法について解説します。

カレンダーからTeams会議のURLを発行/取得する方法

初めにTeamsを開いて左側にある「カレンダー」をクリックします。

会議を開催したい時間帯をクリックします。例の画像は、7/4の18時から会議を開催する場合です。

会議の詳細内容を設定する画面が表示されますので、以下のように設定します。

①:会議のタイトルを記入します。会議の目的が分かるようなタイトルにします。

②:出席者のメールアドレスを入力します。

③:会議の日時を設定します。

④:自分のTeamsで設定している「チーム」名を入力します。※必須項目ではありません。

⑤:社内の会議室等を使用する際に設定します。※必須項目ではありません。

⑥:会議のアジェンダ等を記入します。

各項目を入力した後に右上にある「保存」をクリックすると会議の設定が完了となります。

カレンダーに登録されている該当の会議を右クリックし「URLをコピー」をクリックします。これでクリップボードにURLがコピーされます。

会議のURLは長くなるため、そのままURLをメール本文に張り付けると見た目があまりよくありません。またURL自体が改行されてしまい会議に参加できないトラブルも発生します。そのため、以下のように「会議のリンク」のような文字にURLのリンクを張り付ける方法がお勧めです。

「+新しい会議」からTeams会議のURLを発行/取得する方法

画面右上にある「+新しい会議」をクリックします。

先ほどと同じように会議の詳細内容を設定する画面が表示されますので、各項目を設定します。

右上にある「保存」をクリックすると会議の設定が完了となります。

先ほどと同様にカレンダーに登録されている該当の会議を右クリックし「URLをコピー」をクリックします。これでクリップボードにURLがコピーされます。

会議中にURLを発行/取得する方法

画面上部にある「…その他」をクリックしプルダウン内にある「会議情報」をクリックします。これだけでクリップボードに会議のURLがコピーされます。

メール本文に先ほどコピーした内容を張り付けると、以下のように会議のリンク、ID、パスコードが表示されます。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有
※社内の情報共有やコラボレーションにお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「情報共有 活性化 事例集」

※Teamsアプリを活用した情報共有 活性化
の事例を、わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。