すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ

Teamsチーム機能利用の活性化と、チャネルの活用法について

August 22, 2021

Teamsには、チームという「社内外問わずにメンバーを集結し、様々な情報共有とコミュニケーションをとる」という、先鋭的な機能があります。

しかしこの機能について、イマイチ活かすことができず、せっかくのグループウェアが形骸化する法人も多いのも事実です。そこで今回の記事では、活性化したチームの作成方法と、活性化と共に重要視される、チャネル機能の活用方法について解説していきます。


チームの促進は、草の根活動。徐々に、コミュニケーション機能を移植

実際に、自部署の従業員を招集だけを行った状況では「少々のチャット会話が生まれるも、2~3日運用しただけで、誰も書き込まなくなった」という事例は後を絶ちません。それもそのはず、今までの連絡手段が満足できているため、今まで使用してこなかった連絡ツールが手元に来たところで、手を付ける必要が無いからです。

しかし、パソコンやタブレットがデスクワークの主流であり、連絡手段のほとんどがメールという状況であれば、電話やPHSよりも有利な筈です。チーム機能はただ単純に、メンバーを招集して、その中で会話を進めていきましょう、というだけの機能ではありません。チーム機能へメンバーを乗せるには、大前提である目的が必要なのです。ここでいう「目的」とは、例えば勤怠や工数の管理であったり、上司の承認であったり、プロジェクトの進捗であったり、様々なものを指すことが出来ます。

様々なコンテンツをTeamsへ移植していきましょう。

「勤怠や工数の管理」をチームへ移行する

「勤怠や工数の管理」であれば、クラウド化したExcelを使うのがおススメです。

ネットワーク共有フォルダに置かれたExcelファイルと比べ、壊れにくく、データ損失の心配も要りません。また「だれがどこを編集しているのか」を一目瞭然で確認することが出来ます。(共同編集者は、上記、紫色の「共有02」のような見え方をします。)

このツールの強力なところは「一つのファイルを、複数人が同時に修正することが出来る」という点です。このシェア機能は、色んなユーザに重宝されていますので、是非お試し頂きたい処です。


承認機能を使用して、ハンコ代わりとする

「テレワークの推進」により、日本では「ハンコ社会からの脱却」が一つのテーマになっていますが、Teamsでは「承認」機能が一つの答えになるかもしれません。具体的には「承認を要求」し「要求されたものに対して、承認する」ことができます。

承認要求者は「承認」ボタンを押下後、下記フォームにて「承認者」と「承認の内容」を記載することができます。

承認はチームメンバー全員に公開されます。

承認者は下記のように、承認か拒否を選択することが出来ます。ファイルを添付することもできますので、個別の勤怠管理表の提出などにも活用できそうですね。


社内文書やプロジェクトのまとめとして、Wikiを活用する

プロジェクトの進捗管理については、Wikiを使用できます。だれでも編集可能なWikiであれば、大事なことを箇条書きに記しておき、後ほど、議論や進捗管理に利用する、といったことができそうです。

チームの機能はどれも大変優れており、すぐにでも使えるものが多いのですが、その理解までプロジェクトメンバーを引き込むには、興味を持ってもらう必要があります。そのためには、これらの機能を「とりあえず、使ってもらう」のが良いかもしれません。

チーム機能は、社外の人でも参加が可能

意外と知られていないのですが、社外の方に関しても、Guestとしてチーム参加が可能です。参加メンバーの一員として、Eメール宛てに招待メッセージを送ることで、招待及び参加させることができます。

例えば、この機能を利用して、外注業者や派遣社員を参加させる等の用途に使用できます。

「チーム」機能がもつ、2観点の役割と、その中にあるチャネル機能

チーム運用が始まって困るのが「チームの乱立」「チームの形骸化」などで、折角作ったチームが使われなくなることです。該当チーム内で使用されたデータややり取りは、プロジェクト経緯とナレッジの宝庫となります。これを社内情報として残さない手はありません。そういった意味では、チーム機能の「チーム」という概念は、二つの考え方があります。

一つは「情報システム部」「経理部」「総務部」といった、部署ごとに集まるメンバーのチームです。ここでは、部内連絡や勤怠管理など、部署内でのインフォメーションの役割を担います。

もう一つは、社内・社外関係なく、プロジェクトに属するチームの集まりです。このプロジェクトチームは、プロジェクト内で出そろい、上手く集まってくれないと「関連プロジェクトの小さなクラスタ」がポコポコと生まれ、収集がつかない事態へと発展する恐れがあります。「プロジェクトが発足」された時点で、主催者は早めに取りまとめ、チームを作成しておく必要があります。既に立ち上がってしまった小規模な「チーム」クラスタは、その運用を遠慮してもらい「個別の会話であれば、チャネル内で」を条件に、自分たちのチームに参加してもらうことにします。

チーム機能の最初の一歩で言えることは「チーム」のリーダーは、例えば本部長や部長、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーなど、その集団の「一番トップの人」もしくはその補佐役が務めるべきです。とくに人が集結する中で行動を起こすのであれば、人々は「最も影響力を持った人に託す」のが筋であり、権限としてもふさわしい立場となります。

チャネル機能について

リーダーによって、ふさわしい「チーム」が編成出来たところで、配信する情報を細分化する必要があります。そこで活躍する機能がチャネルといい、この機能はチームで展開されるスレッドへ「カテゴリ」を追加することができます。

実際に、チーム内にチャネルを追加する際は、チームメニューから「チャネルを追加」を選択します。

チャネル名と説明、プライバシー「標準-チームの全員がアクセスできます」「プライベート-チーム内のユーザーの特定のグループしかアクセスできません」の何れかを選択します。

プライバシー「プライベート-チーム内のユーザーの特定のグループしかアクセスできません」を選択した際は、チャネルに参加するメンバーを逐次、追加していきます。

この機能により「話題や情報のカテゴライズ」「特定のメンバーのみに開示する情報」の2つの目的が共有できます。チャネルは「カテゴライズされた大きな枠」をチームに展開してくれますので、例えばチャネルに、とあるプロジェクト名を設け、参加メンバーの調整や情報共有の遂行などを実施していく形でも、使えそうな機能です。

チームやチャネルは、日々、調整が大事

チームやチャネルを乱立させてしまうと、同じチーム内でも、与えられる情報が限定的となってしまったり、「本来開示しておくべき情報」が探しにくくなってしまったりしますので、取扱いには注意が必要です。リーダーの立場としては、展開されたチャネルのカテゴライズ調整、参加メンバー枠の調整などを事細かく実施しておくとよいでしょう。

また、プロジェクトの完了や、社内体制の変更により、チームやチャネルが不要となったり、形骸化することもあります。前述にあったように、今まで利用していたチームもチャネルも、いわばナレッジの宝庫となっている可能性が非常に高いので、アーカイブ化をしておくべきかもしれません。

大成功を遂げたグループウェアには、より沢山の人が、多くの時間をかけて携わっているものです。丁寧に活用していくことで、より参加人口が増え、より良いものへと進化していくはずです。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけで「誰が・何を知っているか」を集約・共有するAIアシスタントです。社内の情報共有やマネジメントにお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【事例付き】Teams/Slackを活用したマネジメント・情報共有TIPS集
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【事例付き】Teams/Slackを活用したマネジメント・情報共有TIPS集