すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ

Teamsチャット・データのエクスポート方法と効果的な活用まで

May 30, 2021

Teamsでやり取りしたチャットメッセージのデータをバックアップする目的や、一覧で確認したいといったご相談をいただく機会があります。

今回の記事では、Teams上のチャットデータをエクスポートする方法をご紹介します。

チャットメッセージの保存場所によって方法が異なる

そもそもTeamsのチャットメッセージは、ユーザー個人宛のチャットメッセージ(プライベートチャット)とチーム宛のチャットメッセージ(標準チャネルチャット)とでデータの保存場所が違います。

このデータの保存場所が違うことによって、APIでのエクスポートや管理画面を用いてのデータエクスポートのやり方に違いが生じます。

エクスポート方法①テキストでコピーアンドペースト

チャットメッセージを抽出する場合、テキストで単純にコピーアンドペーストする方法とTeams Export APIでエクスポートする方法の2種類があります。

プライベートチャットのメッセージをコピーアンドペーストする場合は以下の方法となります。

この方法でチャットメッセージを抽出することはできますが、Teamsの返信アイコンのテキストなども合わせて抽出されてしまうため、純粋なメッセージを抽出するわけではない点に注意してください。

1-1:チャットメニューのタイトルメニュー横部分を選択する。

1-2:ショートカットキーなどで全選択し、チャットメッセージ部分を選択後にコピーする。

エクスポート方法②Microsoft Teams Export API

先程のコピーアンドペーストで抽出するやり方とは異なり、JSON形式でエクスポートを行うことができます。

そのため純粋にチャットメッセージを抽出できるだけでなく、投稿日付やユーザーIDといった各種情報も合わせて抽出することが可能です。

また、Microsoft Teams Export API を使用すると、プライベートチャット・グループチャットなどを指定条件にもとづいてエクスポートすることができます。

例えば特定ユーザーやチームの指定、特定日付期間にやり取りしたチャットをエクスポートする、といった詳細な条件を指定することができるため、先に述べたコピーアンドペーストよりも柔軟性が高いです。

エクスポート用のAPIは何種類か用意されており、詳細はMicrosoft Graphページに記載されているMicrosofg GraphのAPIリファレンスページ(※リンク※https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/overview?view=graph-rest-1.0)やメッセージ一覧表示方法を解説したページ(※リンク※https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/api/channel-list-messages?view=graph-rest-beta&tabs=http)を参考にしてください。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


エクスポート方法③管理画面から抽出

Microsoft Teams Export APIでのエクスポートと同様に、JSON形式でエクスポートを行うことができます。

1-1:エクスポートしたいユーザーアカウントで、エクスポートページ(※リンク※https://privacy.teams.live.com/ui/en/dataexport)へアクセス・サインインします。

1-2:「Chat history」オプションを選択し、「Submit request」ボタンを押下します。

リクエストが成功すると、ダウンロードまで少し時間がかかる旨のメッセージが表示されます。

「Continue」ボタンを押下するとダウンロードファイルのステータスが表示されます。

1-3:ダウンロード可能となったら、「Download」ボタンが表示されるのでボタンを押下します。

※ファイルのダウンロード期限はリクエストから1か月間となっています。

1-4:圧縮ファイルを解凍すると、プライベートチャットのデータが保存された「messages」ファイルがあります。

ファイル形式は、Teams Export APIでエクスポートした際と同様にJSONファイル形式となります。

以上がチャットメッセージを抽出する方法となります。

コピーアンドペーストでの抽出方法が最もシンプルですが、メッセージ形式の整形を行うことを考慮するとMicrosoft Teams Export APIを使用してのエクスポートが最も効率的となります。

ただし、使いこなすためにはAPIの知識とどのようなフォーマットで抽出するかをよく検討しておくことが必要なため、チャットメッセージを抽出する目的別に使い分けることが望ましいでしょうか。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

AIアシスタント researcHR(リサーチャー)
【Teamsに追加するだけで】チームの「誰が・何を知ってるか」を集約

※社内の情報共有やマネジメントにお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

すぐわかるresearcHR資料セット

※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、
わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。

資料を見る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。