すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

チーム内におけるスキルのばらつきをなくす具体的な方法

June 11, 2023

皆さんの所属するチームではメンバーの学習に熱心でしょうか?チーム内のスキルのばらつきは、プロジェクトの成功に大きな影響を及ぼす問題です。一部のメンバーが高いスキルを持ち、他のメンバーがそれに追いつけない場合、チーム全体のパフォーマンスは低下します。また、スキルの高いメンバーが多くのタスクを引き受けることで過労になり、スキルの低いメンバーは成長の機会を失う可能性があります。このような問題は、チームの士気を低下させ、結果的にプロジェクトの遅延や品質の低下を引き起こす可能性があります。

今回の記事では、この問題を解決するための具体的な方法とその効果について説明します。具体的には、スキルのばらつきを減らすための教育プログラムの導入、タスクの適切な割り当て、メンバー間のコミュニケーションの改善などについて具体的な事例を含めてご説明します。

※スキルの可視化については以下の記事でも詳しく解説しています。

TeamsアプリListsを活用して社員のスキルを管理・可視化する方法

人事データをTeamsで管理・運用する方法

スキル共有の重要性

まずは、そもそも、なぜスキルのばらつきが課題なのかみていきましょう。チームのスキルを共有することは、「1.チーム全体のパフォーマンス向上_、「2.チームメンバー間の理解と信頼の深化」、「3.チームの柔軟性と対応力の強化」に大きく影響します。

1.チーム全体のパフォーマンス向上

スキル共有は、チーム全体のパフォーマンスを向上させる重要な要素です。メンバー間でスキルを共有することで、各メンバーが自身の弱点を補い、強みを最大限に活用することが可能となります。これにより、チーム全体としての効率と生産性が向上します。

2.チームメンバー間の理解と信頼の深化

スキル共有は、チームメンバー間の理解と信頼を深める役割も果たします。メンバーが互いのスキルと知識を共有することで、互いの能力と貢献を理解し、尊重する文化が育まれます。これは、チーム内の信頼を深め、より強固なチームを形成する基盤となります。

3.チームの柔軟性と対応力の強化

また、スキル共有は、チームの柔軟性と対応力を強化します。メンバーが多様なスキルを持つことで、チームは様々な課題や変化に対応する能力を強化します。これは、特に不確実性が高い環境(臨機応変な対応が求められるコンサル業やサービス業など)や急速に変化する状況において、チームの成功にとって重要となります。

スキルのばらつきが生じる原因

次に、スキルにばらつきが出来てしまう要因からみていきましょう。原因は多岐にわたりますが、主な要因は「1.個々の経験と知識の違い」、「2.コミュニケーションの不足」、「3.チーム内の役割分担の問題」の3つが主な要因です。

1.個々の経験と知識の違い

これは、各メンバーが持つ経験や知識が異なるために生じるスキルのばらつきです。例えば、プロジェクトチームにおいて、一部のメンバーが特定の技術やツールに精通している一方で、他のメンバーがそれを理解していない場合、スキルのばらつきが生じます。このような状況は、特に新しい技術やツールが導入された際に顕著になります。

2.コミュニケーションの不足

チーム内での情報共有が不十分であるために生じるスキルのばらつきです。例えば、あるメンバーが重要な情報を持っているにも関わらず、それが他のメンバーに伝わらない場合、スキルのばらつきが生じます。これは、情報の非対称性とも関連しており、コミュニケーションの不足はチームのパフォーマンスを大きく低下させる可能性があります。

3.チーム内の役割分担の問題

チーム内での役割分担が適切でないために生じるスキルのばらつきです。例えば、あるメンバーが多くのタスクを担当し過ぎている一方で、他のメンバーが手が空いている場合、蓄積される経験値にも違いが出てきますので、スキルのばらつきが生じます。これは、リソースの最適な配分を阻害し、チームの効率を低下させる可能性があります。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


スキルのばらつきをなくす具体的な方法

スキルのばらつきをなくすためには、4つの手法があります。それぞれ具体的にみていきましょう。

1.メンターシッププログラムの導入

メンターシッププログラムは、経験豊富なメンバーが新人や経験の少ないメンバーに指導を行うことで、スキルの伝達と成長を促進します。例えば、Googleでは新入社員に対して経験豊富な社員をメンターとして割り当て、新入社員の成長を支援しています。これにより、新入社員は仕事のスキルだけでなく、企業文化や働き方についても学ぶことができます。

2.定期的なスキルシェアリングセッションの開催

スキルシェアリングセッションは、メンバーが自分の専門知識や経験を他のメンバーと共有することで、チーム全体のスキルレベルを向上させる効果的な方法です。例えば、一部の企業では、月に一度の「テックトーク」を開催し、エンジニアが最新の技術トレンドや自身のプロジェクトについて発表しています。社外に向けたセッションとして開催されることも多く、社員採用や開発者のモチベーションアップにも効果があります。

3.チームビルディング活動の実施

チームビルディング活動は、チームメンバー間の信頼と理解を深めるための重要な手段です。これにより、メンバー間のコミュニケーションがスムーズになり、スキルの共有が容易になります。具体的には、定期的にメンバー同士が相互に仕事の中身や姿勢に対するフィードバックを返すチームビルディングのイベントを開催し、チームの結束力を高めています。こうしたイベントは、批判合戦にならないようにファシリテーターを明示的に設置することも重要です。もちろんチームのリーダーも積極的に参加しましょう。

4.フィードバックと評価システムの改善

フィードバックと評価システムを改善することで、メンバーは自分のスキルレベルを正確に理解し、必要なスキルを身につけるための具体的な目標を設定することができます。例えば、筆者の過去所属した企業では四半期ごとにパフォーマンスレビューを通じてメンバーのスキルレベルを評価し、個々の成長を支援しています。この際、リーダーは本人の成長をねがって、建設的なアドバイスを行うことが重要です。当然ながら良い評価ばかりが出てくることはないので、うまくいかない場合でも前向きに学習、業務を遂行できるようにしっかりメンバーと向き合いましょう。

5.スキル共有を促進する環境作り

スキル共有を成功させるためには、そのための環境を整えることが不可欠です。以下に、そのための具体的な方法をいくつか紹介します。

まずは、「オープンなコミュニケーションを推奨する文化を作ること」することが重要です。これには、チームメンバーが自由に意見やアイデアを共有できる環境を作ることが含まれます。具体的には、定期的なミーティングを開催したり、オンラインのコミュニケーションツールを活用したりします。これにより、メンバー間のコミュニケーションが活発になり、スキル共有が自然と行われるようになります。これに合わせて重要なものとして、「学習と成長を奨励する文化」を醸成することも大切です。これは、組織全体が学習を価値あるものと認識し、新しいスキルを学ぶことを積極的に推奨することを意味します。具体的には、社内トレーニングやワークショップを定期的に開催したり、オンライン学習リソースを提供したりします。また、スキル向上のための時間やリソースを提供することも重要です。オープンなコミュニケーションと合わせることで組織的な学習を促進することができます。

「チームメンバーのスキルと経験を認識し、尊重すること」も必要です。これは、各メンバーの専門知識やスキルを認識し、それを尊重し、活用することを意味します。具体的には、メンバーのスキルを明確にするためのスキルマッピングを行ったり、スキルを活用するためのプロジェクトやタスクを割り当てたりします。また、当然のことですが、評価に反映させることも大事です。どのようなスキル経験に対してどの程度の昇給、昇進が見込めるか明確にしましょう。これにより、メンバーは自分のスキルが評価されていると感じ、自信を持ってスキルを共有することができます。これらの方法を通じて、スキル共有を促進する環境を作ることができます。これにより、チーム全体のパフォーマンスを向上させ、組織の成長を促進することができます。


今回の記事を通じて、スキルのばらつきをなくすことの重要性とその具体的な方法、そしてスキル共有を促進する環境作りについてご説明してきました。ここで、その長期的な利点とスキル共有の重要性について再確認します。

スキルのばらつきをなくすことは、チーム全体のパフォーマンスを向上させるだけでなく、個々のメンバーの成長にも寄与します。メンターシッププログラムやスキルシェアリングセッションなどを通じて、メンバーは新たな知識やスキルを習得し、自身の能力を広げることができます。また、スキルのばらつきが少ないチームは、新たな課題や変化に対応する柔軟性も持つことができます。これらは、組織の競争力を維持し、持続的な成長を達成するために重要な要素です。

一方、スキル共有は、チームメンバー間の理解と信頼を深めるとともに、チームの対応力を強化します。スキル共有を通じて、メンバーは他のメンバーの専門知識や経験を理解し、それを尊重することができます。これは、チームのコミュニケーションを改善し、コラボレーションを促進します。また、スキル共有は、チームが新たな課題に対応する能力を強化します。メンバーが互いのスキルを理解していれば、必要なスキルを持つメンバーを適切に割り当て、効率的に問題を解決することができます。

以上のように、スキルのばらつきをなくし、スキル共有を促進することは、チームと組織全体の成長と成功に大いに寄与します。これらを実現するためには、オープンなコミュニケーションと学習・成長を奨励する文化を醸成し、チームメンバーのスキルと経験を尊重することが重要です。これらの取り組みを通じて、スキルのばらつきをなくし、スキル共有を促進する環境を作り出すことができます。

以上、チーム内でスキルのばらつきを無くすことの重要性と対処法についてまとめさせていただきました。今回は少々難しいテーマになってしまいましたが、全体像をご理解いただけたのではないかと思います。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。