すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

Teamsが重い時の3つの対処法と原因を解説【画像付き】

March 5, 2023

Teamsが重くなる理由

Teamsが重くなる理由には様々なものがありますが、大きく分けてネットワーク環境をはじめとする外部に要因するものとPCのTeamsアプリ自体を起因とする内部要因の二つに分けることができます。本記事では二つのうち内部要因とその解消方法について解説します。

具体的な内部要因としては、Teamsの設定やTeamsの古い履歴やキャッシュが残っていることが挙げられます。その他にTeams以外のアプリやWebブラウザを多数立ち上げているとPCメモリを圧迫しTeamsに割り当てるメモリが少なくなり重くなることがあります。

次項からTeamsが重たい時の対処方法について説明します。

※Teamsの活用事例やTipsについては以下の記事でも詳しく解説しています。

知らないと損するTeamsの便利な使い方・機能<5選>【マネージャー向け】

Teamsの「削除」機能をチャット/ファイル/メンバー/チーム/レコーディング別に解説

①Teamsの設定を確認する

「GPUハードウェア・アクセラレータ」が有効になっていることやPC起動時にTeamsアプリが自動的に起動するように設定されていると、PCメモリに高負荷をかけてしまいTeamsの動作が重くなることがあります。以下の設定に基づきそれぞれを無効にします。

Teamsの右上にある「…」をクリックした後に「設定」をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, Teams自動的に生成された説明

「一般」でそれぞれを以下のように設定します。

①「アプリケーションの自動起動」→チェックを外し無効にします。

②「GPUハードウェア・アクセラレータを無効にする」→チェックを入れ無効にします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス自動的に生成された説明

以上で設定が完了します。「GPUハードウェア・アクセラレータを無効にする」にチェックを入れ反映させるにはTeamsアプリを一度閉じて再起動する必要があります。

②Teamsの古い履歴やキャッシュを削除する

Teamsでは様々なチャットやファイルを送受信します。過去に送受信したそのようなデータが蓄積するとTeamsアプリの動作が重くなることがあります。次の手順でそのようなデータを削除することができます。

以下のパスにあるTeamsフォルダにアクセスします。なお、PCの設定やWindowsのバージョンによってこのパスは異なることがあります。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Teams

グラフィカル ユーザー インターフェイス低い精度で自動的に生成された説明

隠しファイル設定によって上記パスが表示されないことがありますので、そのような場合は「表示」の中にある「隠しファイル」にチェックを入れるようにしましょう。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション自動的に生成された説明

Teamsに影響が出ない範囲でTeamsフォルダ配下において削除できるファイルは以下となります。フォルダ自体は削除せずフォルダの中にあるファイルを削除するようにしましょう。また、念のため削除する前にバックアップを取ることをお勧めします。

▼削除しても良いファイル一覧

blob_storage

Cache

Code Cache

databases

GPUCache

images

Local Storage

logs

meeating-addin / Cache

Service Worker

Session Storage

tmp

watchdog

logs.txt

old_logs_xx.txt

watchdog_xx.json


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


③不要なアプリを終了する

多数のアプリを起動しているとメモリを消費してしまいPC全体としてのパフォーマンスを低下させてしまうことがあります。使用しているメモリを確認し不要なアプリを終了するようにしましょう。

現在使用しているメモリを確認するには「Ctrl + Alt + Del」を押しタスクマネージャーを起動します。タスクマネージャーを見ると各アプリが使用しているメモリを確認することができます。メモリは70%以下に抑えることが理想です。不要なアプリは終了するか、Webブラウザであれば表示しているタブ数を減らすようにします。

テーブル自動的に生成された説明

Teamsで会議に参加しているとTeamsの動作が重くなることがあります。これまで説明したような対処法を行っても解消しない場合は、使用しているネットワークの問題が原因となっている可能性があります。そのような場合は、Teams会議ではカメラをオフにするかネットワーク環境が良いところでTeamsを使用することをお勧めします。

※Teamsの活用事例やTipsについては以下の記事でも詳しく解説しています。

知らないと損するTeamsの便利な使い方・機能<5選>【マネージャー向け】

Teamsの「削除」機能をチャット/ファイル/メンバー/チーム/レコーディング別に解説


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。