すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ

Teamsチャットの「ファイル共有・削除方法と保存場所」

September 26, 2021

1.Teamsチャットのファイル共有方法

Teamsでは各メンバーとのチャットを通じてファイルを共有することができます。メールにファイルを添付することでファイルを共有する方法もありますが、リアルタイムで情報交換をするチャットでは、状況に応じてファイルをすぐに共有したいケースがあります。ここでは、そうした際に、Teamsのチャットにおいてファイルを共有する機能をご紹介します。

1.1 OneDrive上にあるファイルを共有する方法

ファイルを共有する際はチャットルームの一番下にあるクリップマークを押します。

その後、「OneDrive」または「コンピューターからアップロード」をクリックします。自分の「OneDrive」上にあるファイルを共有したい場合は「OneDrive」をクリックします。

「OneDrive」をクリックすると自分のOneDriveに保存されているフォルダやファイル一覧が表示されます。

①共有したいファイルを選択し、②「共有」ボタンをクリックします。

先程選択したファイルがチャット上にアップロードされます。

PCのEnterキーを押すとファイルがチャットの相手に共有されます。

1.2 自分のPC上にあるファイルを共有する方法

自分のPC上にあるファイルを共有したい場合は、チャットルームの一番下にあるクリップマークを押し「コンピューターからアップロード」をクリックします。

ファイル一覧が表示されますので、共有したいファイルを選択し「開く」をクリックします。

先程選択したファイルがチャット上にアップロードされます。

PCのEnterキーを押すとファイルがチャットの相手に共有されます。

自分のPC上にあるファイルをマウスで左クリックしたままチャットにドラッグ&ドロップすることでファイルをチャットに共有することもできます。先述したPC内にあるファイル一覧から共有したいファイルを選択する方法よりも、このドラッグ&ドロップしてファイルを共有する方法がより簡単でスピーディーにできますのでお薦めです。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


2.共有したファイルの保存場所

チャットで共有したファイルはOneDriveとTeamsの「ファイル」に保存されます。共有したファイルを確認する際は、過去のチャットを遡って該当のファイルを探すよりも、後述で説明する方法で探す方がより簡単で便利です。

2-1.OneDriveにおける保存場所

OneDrive上では「Microsoft Teamsチャットファイル」というフォルダ配下に、チャットで共有したファイルが保存されます。このフォルダに保存されるファイルは、自分からチャットの相手に送ったファイルが対象となります。

2-2.Teamsにおける保存場所

Teamsの「ファイル」というタブをクリックすると、チャットで共有したファイルが表示されます。ここに表示されるファイルは自分だけでなく、チャットの相手が自分に共有したファイルも表示されます。「Microsoft Teamsチャットファイル」では、相手が共有したファイルが表示されませんでしたので、この点がTeamsの「ファイル」と異なる機能です。

3.Teamsチャットのファイル削除方法

ここではチャットで共有したファイルの削除方法について説明します。ファイルを削除する方法は以下の2つの方法があります。

3-1.チャットからファイルを削除する

ファイルを送ったチャットメッセージにマウスを合わせると右上に「…」マークが表示されますのでそれをクリックします。プルダウンが表示された後にプルダウン一覧にある「削除」を押すと共有したファイルを削除することができます。(※削除できるファイルは、自分が共有したファイルのみが対象となります。相手が共有したファイルは対象となりません。)

3-2.OneDriveからファイルを削除する

OneDriveからファイルを削除するには、「Microsoft Teamsチャットファイル」フォルダを開きます。①削除したい該当のファイルにチェック入れてから、②「削除」をクリックするとファイルの削除が完了します。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

AIアシスタント researcHR(リサーチャー)
【Teamsに追加するだけで】チームの「誰が・何を知ってるか」を集約

※社内の情報共有やマネジメントにお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

すぐわかるresearcHR資料セット

※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、
わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。

資料を見る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。