すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

属人化で「休めない」と感じている際に、組織にどう働きかけ解消させるか

November 23, 2023

属人化は、特定の業務や知識が一部の個人に集中してしまう現象です。この状態では、業務の進行がその個人の能力や状況に依存することとなり、組織全体の効率性と柔軟性が損なわれます。さらに、このような状況下では、関連する従業員が休暇を取ることが困難になり、「休めない」という状況が生まれます。これは従業員の健康やモチベーションに悪影響を及ぼし、長期的にはバーンアウトや労働生産性の低下を引き起こす可能性があります。本記事では、属人化の根本的な原因を探り、個人と組織が直面するこれらの問題に対処する方法を提案します。属人化の兆候を認識し、効果的な解決策を実行することで、組織の持続可能な成長と従業員のワークライフバランスの向上を目指します。

属人化解消の下準備:コミュニケーションの重要性

属人化は多くの組織で見過ごされがちな問題ですが、その解決には組織内のコミュニケーション文化が必要です。効果的なコミュニケーションを通じて、属人化の課題を正確に伝え、共有することは、問題解決への第一歩です。このセクションでは、属人化に対処するために組織内でどのようにコミュニケーションを取り、問題を効果的に伝える方法に焦点を当てて詳しく掘り下げます。

1.問題の認識と共有: 属人化の問題を理解し、それを組織内の関係者に明確に伝えることが重要です。問題の具体的な例やその影響を具体的に示し、全員が認識を共有することから始めます。

2.オープンなコミュニケーションの促進: 組織内でオープンなコミュニケーションを促進し、全員が自由に意見を交換できる環境を作ることが重要です。これには、定期的なミーティングや意見交換の場の設定が役立ちます。

3.上層部への効果的な報告: 経営層や上層部に対しては、属人化の問題とその解決策を明確に伝えることが必要です。データや具体例を用いて、問題の深刻さと解決の必要性を訴えます。

4.建設的なフィードバックの重視: 問題提起の際は、批判的になるのではなく、建設的なフィードバックを心がけます。解決策の提案や改善点の提示が重要です。

5.多方面からの意見収集: 組織内の様々な部署や階層から意見を収集し、多角的な視点を持つことが、問題解決に効果的です。異なる視点からの意見は、より実現可能で効果的な解決策につながります。

6.継続的なコミュニケーションの維持: 問題提起後も、継続的なコミュニケーションを維持し、進捗状況や改善点を定期的に共有することが重要です。これにより、問題解決に向けた組織全体の取り組みを促進できます。

以上のようにコミュニケーションと一口に言っても様々な方法があり、皆様の組織でも様々な方法で実施されていることでしょう。属人化の問題に対して、組織内での効果的なコミュニケーションを取ることは、解決への重要な一歩です。一つの方法で組織のメンバーに伝えるだけでは不十分です。複数の方法、様々なアプローチで繰り返し伝え続け、属人化の解消が必要であり、属人化しそうな兆候をメンバーが検知できるように組織の文化として定着させることをめざいます。次章以降ではコミュニケーションを基盤にしつつ、属人化を防ぐ具体的な方法をみていきましょう。

解決策の提案: 属人化問題の解消に向けた戦略

属人化の問題に対処するためには、組織全体で統合されたアプローチが求められます。このアプローチには、業務プロセスの標準化と文書化、従業員間のスキル共有の促進、効果的なコミュニケーションと協力、業務分担の明確化、継続的な評価とフィードバック、そして最新のテクノロジーとツールの活用が含まれます。

業務プロセスの標準化と文書化を進めることで、個々の従業員が抱える業務の透明性が高まります。これにより、誰もが業務内容を理解しやすくなり、業務の引き継ぎがスムーズに行われるようになります。次に、従業員間でのスキル共有を促進することで、特定の個人に依存する状況を軽減します。クロストレーニングプログラムを導入することで、複数の従業員が同じ業務をこなせるようになるため、柔軟性が向上し、業務の継続性が保たれます。

次に、効果的なコミュニケーションと協力を促進することは、組織内の属人化問題を解決する上で不可欠です。定期的なミーティングやワークショップを通じて、従業員間の協力と情報共有を促進することで、組織全体としての対応能力が向上します。また、各従業員の責任範囲と業務内容を明確にし、適切な業務分担を行うことで、個人に業務が集中することを防ぎます。

継続的な評価とフィードバックを導入することにより、従業員のパフォーマンスと業務の進捗状況を定期的にチェックし、問題点を早期に特定し、必要な調整を行うことができます。最後に、最新のテクノロジーとツールを活用することで、業務プロセスの自動化や効率化を図り、従業員の負担を軽減し、属人化の問題を緩和することが可能になります。

これらの戦略を組み合わせることで、属人化の問題を効果的に解決し、組織全体の生産性と効率を向上させることができます。実際には必ずしもこれらをすべて実行する必要はありませんが、可能な限り網羅的に実施することで前述の属人化の原因を網羅的に解消できます。次の章では具体的な行動計画の策定方法をみていきましょう。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


属人化解消に向けた具体的な行動計画の立て方

属人化の問題を解消するには、具体的かつ実践的な行動計画が不可欠です。この計画は、組織の現状分析から始まり、短期的および長期的な目標の設定、それに基づいた具体的なアクションの実行、計画の実行とモニタリングまでを包括します。

1.組織の現状分析

属人化の問題を解決するための最初のステップは、組織の現状分析です。この分析では、属人化がどの程度存在し、どの業務領域に影響を及ぼしているかを把握します。具体的には、特定の業務やプロセスが特定の個人に依存しているか、その結果としてどのような問題が生じているかを詳細に検討します。この分析には、従業員のアンケート調査、業務フローの監査、パフォーマンスデータの分析などが含まれます。

2.短期的および長期的な目標の設定

現状分析の結果を基に、短期的および長期的な目標を設定します。短期的な目標としては、属人化の影響を受けやすい業務プロセスの見直しや、必要なリソースの確保などが考えられます。これには、業務の緊急性や重要性を評価し、リスクの高い業務を優先的に対処することが含まれます。長期的な目標としては、組織文化の変革、持続可能な業務プロセスの確立、従業員のスキルアップと多様性の促進などが挙げられます。これらの目標は、組織のビジョンや戦略と密接に連携している必要があります。

3.具体的なアクションプランの策定

目標に基づき、具体的なアクションプランを策定します。例えば、業務プロセスの標準化と文書化を進めることで、知識の個人依存を減少させ、業務の透明性と再現性を高めます。クロストレーニングプログラムを実施することで、従業員が複数の業務をこなせるようになり、柔軟性とレジリエンスが向上します。定期的なミーティングやワークショップを設けて情報共有の場を提供することで、従業員間のコミュニケーションと協力を促進します。これらのアクションは、組織の目標に沿って進められ、定期的に評価と調整が行われる必要があります。

4.行動計画の実行とモニタリング

計画の実行には、全従業員の協力と経営層のサポートが不可欠です。具体的には、アクションプランの実施責任者を指定し、各ステップの進捗を追跡します。また、定期的に進捗状況を確認し、必要に応じて計画を修正します。進捗状況のモニタリングには、KPI(重要業績評価指標)や定期的なフィードバックセッションを活用します。この過程で重要なのは、透明性とオープンなコミュニケーションを保つことです。

このような具体的で実践的な行動計画を通じて、属人化の問題を段階的に解消し、より効率的で健全な組織運営を実現することが可能になります。組織の属人化問題を解消することは、単に業務効率の向上にとどまらず、従業員の満足度の向上、組織の競争力強化、そして持続可能な成長への道を開くことにもつながります。


属人化の問題を克服することは、組織にとって多大な利益をもたらします。この克服により、まず従業員のワークライフバランスが改善され、ストレスの軽減と職場の満足度の向上が期待できます。さらに、業務プロセスの透明性と効率が高まることで、組織全体の生産性が向上します。情報共有の促進とスキルの多様化は、チームワークを強化し、組織の柔軟性と適応能力を高める効果があります。結果として、属人化の問題解消は、組織の持続可能な成長と競争力の強化に大きく貢献します。このように、属人化の問題に対処することは、単に個人の負担を軽減するだけでなく、組織全体の健康と発展に不可欠なステップとなります。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。