すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

「属人化」が「営業」組織や売上に与えるリスク

November 23, 2023

営業組織の成功は、効率的なプロセス、卓越した製品知識、そして何よりも優れた顧客関係に依存しています。しかし、この成功の裏には、しばしば見過ごされる「属人化」というリスクが潜んでいます。属人化とは、特定の業務や顧客関係が特定の従業員に依存する状況を指し、組織の知識や能力が個人に集中してしまうことです。このような状態では、その従業員が不在の際に業務が滞ったり、最悪の場合、その従業員が退職することで顧客との関係が損なわれるリスクがあります。

営業組織における属人化は、一見すると効率的な短期的解決策に思えます。一部の営業担当者が顧客から絶大な信頼を得ている場合、それを利用しない手はありません。しかし、この短期的な利益は長期的なリスクを隠しています。情報の共有不足、業務の連続性の欠如、そして組織の知識基盤の弱体化は、不測の事態に対する営業組織の脆弱性を高めます。

今回の記事では、こうした営業組織、活動における属人化の問題を深掘りし、その影響と対応策についてご説明します。

属人化のリスクと売上への影響

営業組織の属人化は、表面的な成功の背後に隠れたリスクとして多くの組織で見受けられます。個々の営業担当者が顧客との強い結びつきを持つことは、一見すると組織にとってプラスに思えますが、その結びつきが過度に強いと、営業成績に悪影響を及ぼす可能性があります。

属人化がもたらす最大のリスクは、知識の集中です。ある営業担当者が特定の顧客群や製品ラインに関する重要な情報を独占すると、その担当者が欠けた時に組織は重要なビジネスチャンスを逃す恐れがあります。例えば、その営業担当者が突然退職した場合、顧客はその個人との関係を重視しており、新たな担当者への移行がスムーズに行かないことがあります。これにより、顧客満足度が下がり、最終的には売上の減少につながるのです。

また、属人化は情報のサイロ化を引き起こすこともあります。営業担当者が自分の知識を共有せず、個人の業績を最優先にする文化がある場合、組織全体の知識ベースが弱まります。新しい営業担当者がその知識を得るためには、一から顧客との関係を築き、市場について学ぶ必要があります。これは時間がかかるプロセスであり、その間に営業の機会を逃すことがあります。

営業担当者が個人の能力や顧客との関係に依存しすぎると、組織全体の営業戦略の実行が妨げられることもあります。属人化が進むと、組織は個々の営業担当者に頼りすぎる傾向があり、その結果、組織全体の戦略が後回しにされがちです。これにより、市場の変化に柔軟に対応する能力が損なわれ、競争優位性を維持することが難しくなります。

さらに、属人化は営業チーム内の不均衡を生むことがあります。一部の営業担当者が過剰な業績を上げる一方で、他のメンバーは成績が振るわない場合、チームワークが損なわれ、モチベーションの低下を招くことがあります。チーム全体としての売上目標達成が困難になり、組織の収益性に影響を及ぼすことになります。

最終的に、属人化は組織の柔軟性とスケーラビリティーを損ない、成長の機会を制限します。組織が新しい市場に進出したり、新製品を導入したりする際には、広範な知識と経験を持つ多くの営業担当者が必要です。属人化が進むと、これらの変化に適応するための組織の能力が低下し、結果として長期的な売上の成長にブレーキをかけることになります。

営業組織が属人化のリスクに対処し、売上への影響を最小限に抑えるためには、情報共有の文化を促進し、営業プロセスを標準化することが重要です。これにより、個人に依存することなく、組織全体として顧客に価値を提供し続けることが可能になります。

営業プロセスのボトルネックとしての属人化

営業組織における属人化は、業務の流れにおいて重大なボトルネックを生み出す原因となり得ます。この問題は、情報とスキルが組織内で適切に共有されないことによって顕在化します。例えば、ある営業担当者が独自の顧客データベースを管理し、その情報を他のチームメンバーと共有しない場合、その担当者が不在の時に他のスタッフが顧客サービスを提供することが難しくなります。このような状況は、顧客からの問い合わせに対するレスポンスタイムが遅れることにつながり、顧客満足度の低下や、最悪の場合、顧客の喪失にもつながる可能性があります。

スキルの非共有もまた、組織の効率を阻害する大きなボトルネックです。ある営業担当者が特定の製品やサービスに関する専門知識を持っていても、その知識がチーム内で共有されない場合、その担当者が休暇を取るか病気である場合には、顧客へのサポートが停止してしまうことがあります。結果として、営業サイクルが停滞し、売上機会の損失につながる恐れがあります。

属人化の最も深刻な問題の一つが、キーパーソンの退職です。営業組織が特定の個人に過度に依存していると、その個人が退職することによって発生する損失は計り知れません。キーパーソンが持つ顧客関係、市場知識、社内の影響力が一気に失われることで、組織は顧客との信頼関係を再構築する必要に迫られ、売上に直接的な打撃を受けます。さらに、そのキーパーソンによって維持されていた顧客のロイヤルティが失われると、長期的な収益性にも悪影響を及ぼすことになります。

キーパーソンが退職した後の影響は、業務の遂行だけでなく、組織内のモラルやチームダイナミクスにも及びます。残されたチームメンバーは、彼または彼女が果たしていた役割を急いで引き継がなければならず、十分な準備やトレーニングがないまま重圧を感じることがあります。これは、ストレスの増加、ワークライフバランスの崩壊、そして最終的には他の従業員の退職につながる可能性があります。

属人化に対処するためには、情報共有の促進、知識とスキルの組織全体への展開、そして適切な後継者計画の実施が不可欠です。次の章では営業組織における属人化の解決方法をご説明します。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


属人化を解消するための戦略

属人化は営業組織の成長と効率を妨げる隠れた敵です。この問題を解消するためには、戦略的なアプローチが必要であり、①営業プロセスの標準化とシステム化、そして②知識共有と継続的なトレーニングがその鍵を握ります。

①営業プロセスの標準化とシステム化

まず、営業プロセスの標準化を進めるには、業務の各段階で何が期待されるかを明確にすることが重要です。これには、顧客接触からリードの追跡、契約の締結に至るまでのステップを文書化する作業が含まれます。標準化されたプロセスは、営業担当者が一貫したアプローチを取り、最良の実践方法を共有できるようにするために必要です。また、営業プロセスをシステム化することで、顧客データベースや契約管理などの業務を自動化し、手作業による誤りを減らし、効率を向上させることができます。

CRM(顧客関係管理)システムの導入は、営業プロセスの標準化とシステム化の中心となります。CRMは営業活動を追跡し、顧客情報を一元管理することで、全営業スタッフが顧客に関する全体的なビューを持てるようにします。これにより、ある営業担当者が不在の場合でも、他のスタッフが容易に引き継ぎ、顧客との関係を維持できます。

次に、知識共有の推進です。これは、定期的なミーティングやワークショップを通じて行うことができます。営業チームが集まり、成功事例や失敗からの学びを共有することで、個々の担当者だけでなく、チーム全体のスキルと知識が向上します。さらに、メンタリングプログラムを設けることで、経験豊富な営業担当者が新人に指導を行い、知識の伝達を促すことができます。

②知識共有と継続的なトレーニング

継続的なトレーニングは、スキルの向上と知識の更新を保証します。オンラインコース、セミナー、業界イベントへの参加を奨励し、最新の営業技術や製品知識をチームに提供することが重要です。また、トレーニングプログラムを通じて、営業担当者が新しい戦略やツールを習得し、業務に組み込む機会を提供します。

これらの戦略は、組織が柔軟かつ迅速に市場の変化に対応する能力を高めると同時に、属人化のリスクを軽減します。標準化されたプロセスとシステム化によって、営業活動の透明性が向上し、知識共有と継続的なトレーニングによって、営業チーム全体の能力が強化されます。結果として、営業組織は個々のスター営業担当者に依存するのではなく、チーム全体の力を最大限に活用することで、安定した成長と売上の増加を達成することができるのです。

成功事例とベストプラクティス

属人化の問題を見事に解決し、営業成績を飛躍的に向上させた成功事例として、広告会社のX社の取り組みが挙げられます。X社では、営業プロセスの全面的な見直しを実施し、全営業スタッフがアクセス可能な中央データベースを構築することで情報共有を促進しました。また、月次の成果報告会を設けることで、チーム内の透明性を高め、個人ではなくチームとしての成功を重視する文化を醸成しました。その結果、個々の営業担当者が退職しても、顧客関係や業務が滞ることなく、売上は継続的に上昇しました。

業界で実践されているベストプラクティスとしては、クロストレーニングプログラムがあります。クロストレーニングとは通常業務では経験をしない業務を同僚や先輩の指導の元行い、業務内容の理解促進や情報共有、スキル工場を促すトレーニングです。これにより、営業担当者は同僚の業務を理解し、必要に応じてその業務を引き継ぐことができます。さらに、組織内のオープンコミュニケーションを奨励し、すべての営業担当者が戦略的な意思決定に参加することで、チームとしての結束を強化しています。加えて、定期的なスキルアップトレーニングとキャリアパスの明確化により、個人の成長と組織への貢献度を同時に向上させることに成功しています。

これらの事例とベストプラクティスは、属人化を克服し、組織全体の売上を持続的に向上させるための有効な手法を示しています。情報共有、透明性の向上、チームワークの強化は、営業組織が直面する属人化の問題を解決するための鍵となります。


属人化は営業組織の持続可能な成長を阻害する潜在的な脅威です。情報とスキルの共有を通じてこのリスクを最小限に抑え、チーム全体の能力を高めることが、長期的な成功へのカギとなります。今日から実行できるアクションプランとして、組織内でのオープンなコミュニケーションチャネルの確立、定期的なスキルシェアリングセッションの実施、そしてCRMシステムを利用した情報の中央管理を始めましょう。これらのステップにより、個々のスター営業員に依存するのではなく、全員が貢献できる環境を築くことができます。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。