すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

引き継ぎが「ポンコツ」でよくわからなかった際にどう対処するか(引継ぎが0の状態で辞められたときにどうやって情報の整理をするか)

February 23, 2024

プロジェクトや業務の引き継ぎは、ビジネス運営において不可欠なプロセスです。適切な引き継ぎが行われれば、業務の円滑な継続が保証され、時間やリソースの無駄遣いを防ぎます。しかし、理想と現実は常に一致するわけではありません。引き継ぎが不十分、いわゆる「ポンコツ」な状態であることが少なくないのです。このような状況は、新たに業務を担当する人にとって大きな課題となります。情報が散逸していたり、重要なプロセスに関するドキュメントが不足していたりすると、業務の効率性は大きく損なわれます。

今回の記事では、引き継ぎが不十分で始めることになった際に、どのようにして情報を整理し、業務を円滑に運営していくかについて、具体的なステップと実践的なアドバイスを提供します。ポンコツ引き継ぎからの脱却は、情報の収集と整理、関係者とのコミュニケーション強化、そして効率的なツールの活用によって実現可能です。このガイドを通じて、読者の皆様が引き継ぎに関する課題を乗り越え、業務をスムーズに運び、成果を出すためのヒントを得られることを願っています。

引き継ぎが"ポンコツ"の状態を理解する

業務引き継ぎが不十分な状態、俗に言う「ポンコツ」引き継ぎは、多くの場合、情報の断片化や不完全性によって特徴づけられます。引き継ぎを行う前任者が急遽退職するなど、準備不足の状況で行われることが原因であることが多いです。このような状況では、重要な情報が散在し、業務に必要なプロセスや背景知識が不足していることが一般的です。

典型的な特徴とその影響

情報の断片化: 必要な情報が様々な場所に分散しており、一元的にアクセスできない。

ドキュメントの不足: 業務プロセスや手順、ポリシーに関するドキュメントが不足している、または最新ではない。

コミュニケーションの障害: 前任者とのコミュニケーションが不足しているため、業務の背景理解が困難。

このような状況を打開するには、まず現状をしっかりと把握し、何が分かっていて何が分からないのかを明確にすることから始めます。初期段階での評価は、後の情報収集と整理のプロセスを円滑に進めるための基盤となります。

初期状態の評価

情報の収集: 利用可能な全ての情報源(メール、ドキュメント、会議の記録など)を収集します。

情報のギャップ分析: 既存の情報から業務に必要な基本的な知識と、欠けている情報を洗い出します。

優先順位の設定: 緊急度と重要度に基づき、情報収集の優先順位を設定します。

「ポンコツ」な引き継ぎ状態からの脱却は、情報の整理と理解から始まります。この初期段階での正確な評価と準備は、その後のスムーズな業務遂行のために不可欠です。

情報整理の初歩

不十分な引き継ぎからスタートする際、散在する情報を如何に収集し整理するかが、成功への鍵となります。このプロセスは、業務の全体像を明確にし、必要なアクションプランを立案するための基礎を築きます。

利用可能な資料の収集と整理

最初のステップは、散在する情報源を特定し、有用な情報を収集することです。これには、電子メール、共有ドライブ上のドキュメント、会議の議事録、プロジェクト管理ツールの記録、さらには前任者が残したメモや手書きのノートまで、あらゆる形式の情報が含まれます。これらの情報を一箇所に集めることで、必要な時に迅速にアクセスできるようになります。

次に、収集した情報を一元的にアクセス可能なデジタルフォーマットに整理し、クラウドストレージや社内の共有ネットワーク上に保存します。こうすることで、情報の検索効率が格段に向上し、チーム全体での情報共有も容易になります。さらに、関連性や重要性に基づいて情報をカテゴリー分けし、優先順位を設定することが重要です。この段階では、緊急に対応が必要なタスクや、長期的な計画に影響を与える情報に注目します。

重要なタスクと情報源の特定

情報整理の次のステップは、業務フローやプロセスを詳細に理解し、関連するキーパーソンを特定することです。これは、今後のコミュニケーション戦略を立てる上で不可欠な情報です。キーパーソンとは、特定のプロジェクトや業務フローにおいて重要な役割を担う人物であり、彼らから追加の情報を得ることができます。

また、収集した情報を基に、短期的な目標と長期的な目標を明確に設定し、それぞれの目標達成のためのアクションプランを作成します。このプランは、業務の優先順位を設定し、リソースを効率的に配分するためのガイドラインとなります。プラン作成の過程で、目標に対する進捗を定期的に評価し、必要に応じて計画を調整する柔軟性も持つことが大切です。

情報の整理は、業務遂行の効率性と効果性を高めるための基盤を築きます。この初期段階での丁寧な取り組みは、将来的に時間と労力を節約し、より成果を出すための投資となります。

関係者とのコミュニケーション

不十分な引き継ぎからのスタートでは、関係者との効果的なコミュニケーションが成功への鍵を握ります。関係者とは、チームメンバー、上司、クライアント、外部パートナーなど、プロジェクトや業務遂行において重要な役割を果たす全ての人々を指します。これらの関係者との適切なコミュニケーションを通じて、不足している情報を補い、業務の進行に必要な支援を確保することができます。

内部関係者(チームメンバー、マネージャー)とのコミュニケーション

定期的なミーティングの設定: 定期的なステータスミーティングを設定し、業務の進捗状況、遭遇している課題、必要な支援について話し合います。

オープンなコミュニケーションチャネルの確保: Slackやメールなど、随時コミュニケーションが取れるチャネルを確保し、情報共有を促進します。

フィードバックの積極的な求め方: 定期的にフィードバックを求めることで、自身の業務遂行方法に関する改善点を把握し、チーム内の信頼関係を築きます。

外部関係者(クライアント、パートナー企業)との接触

初期段階での接触: できるだけ早い段階でクライアントや重要な外部パートナーに接触し、自身が新たな担当者であることを伝え、必要な情報や協力を求めます。

期待管理: 進行中のプロジェクトや業務の現状を正確に伝え、現実的な期待値を設定します。これにより、信頼の構築と誤解の防止につながります。

定期的なアップデートの提供: 定期的にプロジェクトの進捗状況を報告し、透明性を確保します。

関係者とのコミュニケーションを通じて、業務の現状を共有し、必要な情報や支援を得ることができます。これにより、不十分な引き継ぎの状況を乗り越え、プロジェクトや業務を円滑に進めることが可能になります。

実践的なステップバイステップガイド

引き継ぎが不十分な状況から効率的に業務を遂行するためには、具体的な行動計画が必要です。以下に、短期的な対策から中長期的な計画まで、実践的なステップバイステップガイドを提供します。

短期的対策

緊急性の高いタスクの特定: 最初に、業務の中で最も緊急性が高く、直ちに対応が必要なタスクを特定します。

情報のギャップの特定と補填: 緊急タスクを遂行するために必要な情報が不足している場合は、関連する内外部の関係者から迅速に情報を収集します。

短期的な目標の設定と達成: 一週間から一ヶ月の短期間で達成可能な目標を設定し、それに向けた具体的なアクションプランを立てます。

中長期的計画

業務プロセスの全体像の理解: 短期的な対策を踏まえた上で、業務プロセスの全体像を理解し、中長期的な目標を設定します。

システムやツールの理解と活用: 使用しているシステムやツールについて深く理解し、業務の効率化に役立てます。必要に応じて、新たなツールの導入を検討します。

継続的なスキルアップと知識の拡充: 業務に必要なスキルや知識を継続的に学習し、専門性を高めます。

改善策の実施とフィードバックの収集: 業務プロセスの効率化や改善策を実施し、定期的に関係者からのフィードバックを収集して、継続的に改善を行います。

これらのステップを実践することで、不十分な引き継ぎからのスタートでも、効果的に業務を進めることが可能になります。重要なのは、状況を正確に把握し、必要な情報を迅速に収集し、具体的なアクションプランに基づいて行動することです。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


デジタルツールとリソースの活用

現代の職場では、デジタルツールとオンラインリソースが業務効率化の鍵となります。特に、引き継ぎが不十分な状況では、これらのツールを活用して情報の整理、共有、およびスキルアップを行うことが重要です。

情報管理・共有ツール

プロジェクト管理ツール: TrelloやAsanaのようなプロジェクト管理ツールは、タスクの割り当て、進捗の追跡、期限の管理などを一元的に行うことができます。これにより、チーム内のコミュニケーションと協力が促進されます。

ドキュメント共有サービス: GoogleドライブやDropboxは、ドキュメントやファイルの共有と編集を容易にします。これらのプラットフォームを利用することで、情報へのアクセス性が向上し、リアルタイムでのコラボレーションが可能になります。

コミュニケーションツール: SlackやMicrosoft Teamsは、チームメンバー間の即時コミュニケーションを可能にし、メールよりも迅速な情報交換を実現します。

学習リソースと外部サポート

オンライン学習プラットフォーム: UdemyやCourseraなどのオンライン学習プラットフォームは、新しいスキルを身に付けるための豊富なコースを提供します。特に、引き継ぎ時に不足している専門知識や技術を習得するのに役立ちます。

専門家ネットワーク: LinkedInや専門家向けフォーラムを利用して、業界の専門家や同僚とつながり、アドバイスや最新の情報を収集することができます。また、特定の課題に対する外部のコンサルタントからのサポートを求めることも一つの手段です。

デジタルツールとリソースの適切な活用により、引き継ぎが不十分な状況でも、業務の効率化、チームとの効果的なコミュニケーション、そして必要なスキルの習得が可能となります。これらのツールを積極的に活用することで、業務遂行の質と速度を大きく向上させることができます。


この記事では、「ポンコツ」な引き継ぎ状態からのスタートを成功に導くための具体的な方法とステップを紹介しました。不十分な引き継ぎがもたらす初期の混乱と不確実性を乗り越えるためには、情報の収集と整理、関係者との効果的なコミュニケーション、そしてデジタルツールの積極的な活用が不可欠です。

アクションプランおさらい

1.現状評価の実施: 引き継ぎ状態の詳細な評価から始め、何がわかっていて何がわからないかを明確にします。

2.情報の収集と整理: 利用可能な全ての情報を収集し、一元化して整理します。重要なタスクと情報源を特定し、短期的および長期的な目標を設定します。

3.関係者とのコミュニケーション強化: チームメンバー、上司、クライアントとの定期的なコミュニケーションを確立し、オープンで透明な関係を構築します。

4.デジタルツールの活用: 業務効率化と情報共有を促進するためのデジタルツールを積極的に活用します。

5.継続的な改善と学習: 業務プロセスの改善と個人のスキルアップに努め、定期的にフィードバックを収集して、状況に応じてアクションプランを調整します。

最終的に、どんなに難しい状況にあっても、適切なアプローチと行動計画により、業務の効率性を高め、チームとしての成果を向上させることが可能です。この記事が提供するガイドラインとアドバイスが、引き継ぎの課題を乗り越える一助になれますと幸いです。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。