すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

引継ぎのコツとステップ<事業企画部編>

February 23, 2024

事業企画部は、企業戦略の策定から新規事業の立ち上げ、既存事業の成長戦略の策定に至るまで、企業の中核を担う部門です。ここでの決定は、企業の長期的な成功に直結するため、その重要性は計り知れません。このように重要な役割を持つ事業企画部において、スムーズな引継ぎは欠かせないプロセスとなります。

効果的な引継ぎは、事業の連続性を保ち、戦略的な目標達成に向けた一貫性を確保するために不可欠です。新たに担当者が着任した際、または事業戦略が変更された場合、正確かつ迅速な情報の共有が求められます。引継ぎがうまくいかないと、プロジェクトの遅延、戦略の誤解、最悪の場合、事業機会の損失につながる可能性があります。

引継ぎプロセスの成功は、事業の成果に直結します。適切な引継ぎによって、新しいチームメンバーも事業の目標と戦略を迅速に理解し、効率的に業務を進めることができます。また、リスクの管理、意思決定の迅速化、チーム内の信頼関係の構築など、組織全体のパフォーマンス向上に寄与します。

以降の章から、引継ぎを成功させるための準備段階について、具体的な方法と戦略をご説明します。

引継ぎ前の準備

事業企画部での引継ぎを成功させるためには、計画的かつ体系的な準備が不可欠です。引継ぎは単に情報を伝える行為以上のものであり、戦略的な思考と丁寧な準備を要します。以下に、引継ぎ前の準備における主要なステップを紹介します。

1.引継ぎ計画の立案

目標の設定: 引継ぎの目的と目標を明確に設定します。これには、引継ぎ対象の範囲、重要な成果物、期限などが含まれます。

スケジュールの作成: 効率的な引継ぎのためのタイムラインを作成します。これには、重要なミーティングやデモンストレーションの日程、最終確認の期日が含まれるべきです。

2.必要な資料の整理と確認

文書化された情報の整理: 事業計画、戦略文書、プロジェクトの報告書など、引継ぎに必要なすべての文書を整理します。

アクセス権の確認: 必要な情報へのアクセス権が新たな担当者にも確実に移されるよう手配します。

3.引継ぎする情報の選定

重要な情報の特定: 事業の目標達成に不可欠な情報や、継続中のプロジェクトに関連する詳細なデータを特定します。

優先順位の設定: 引継ぎ対象の情報に優先順位をつけ、最も重要な情報から順に伝える計画を立てます。

これらの準備ステップは、引継ぎプロセスをスムーズに進め、新たな担当者が迅速に業務を理解し、遂行できるようにするために必要です。計画的なアプローチにより、引継ぎ中の不明点や誤解を最小限に抑え、事業企画部の業務の連続性と効率性を保証します。

効果的な引継ぎのステップ

事業企画部での引継ぎは、組織の未来に大きな影響を及ぼすため、そのプロセスは細心の注意を払って行う必要があります。ここでは、引継ぎを成功に導くための詳細なステップを紹介し、それぞれの段階での重要ポイントを深掘りします。

ステップ1: 引継ぎ会議の設定

初期ミーティングの重要性: 引継ぎプロセスの初歩として、初期ミーティングでは、目的の明確化、期待の調整、そして双方の疑問に答える機会を設けます。このミーティングは、引継ぎの範囲を定義し、その後のプロセスにおける基盤を築きます。

関係者の特定と参加: 成功的な引継ぎには、関係するすべてのステークホルダーの参加が必要です。これには、直接の上司や関連部門の代表者も含まれることがあります。

ステップ2: 詳細なドキュメントの作成

ドキュメント化の重要性: 引継ぎの中心となるのが、事業計画、戦略文書、プロジェクトの報告書などのドキュメントです。これらは、新担当者が迅速に情報をキャッチアップし、事業の現状を理解するための基礎となります。また、過去のデータや分析結果を含めることで、新担当者が過去の成果や失敗から学び取ることができます。

アクセス情報の整理: システムやデータベースへのアクセス権限、重要な連絡先、使用しているツールのガイドなど、業務遂行に必要な全てのアクセス情報を整理し、明確にします。

ステップ3: 実務のデモンストレーション

実践的なデモの展開: 文書だけでは伝わりにくい業務の流れや、特定のツールの使用方法について、実際にデモンストレーションを行います。この段階では、新担当者が直接見たり、試したりすることで、理解を深めることができます。

対話式トレーニングの実施: 新担当者が実際に業務を手がける際には、既存の担当者がサポートを提供します。この一対一のトレーニングは、新担当者が自信を持って業務に取り組めるようにするために重要です。

ステップ4: Q&Aセッションの実施

疑問解消の場の提供: 引継ぎプロセスの最終段階として、新担当者が持つ疑問や不明点に対して、明確な回答を提供するQ&Aセッションを設けます。このセッションでは、開かれたコミュニケーションを促進し、新担当者が不安なく業務に臨めるよう支援します。

フィードバックの活用: 引継ぎプロセスを通じて収集したフィードバックは、今後の引継ぎの改善に役立てます。また、新担当者からのフィードバックを受け入れ、必要に応じて追加の情報提供やサポートを行うことが重要です。

効果的な引継ぎは、正確な情報の伝達だけでなく、新担当者が自信を持って業務を遂行できるようにすることも目的としています。これらのステップを通じて、事業企画部は新たな担当者にスムーズにバトンを渡し、組織の持続的な成長と成功を支えます。

コミュニケーションの重要性

事業企画部での引継ぎプロセスにおいて、オープンで透明性のあるコミュニケーションは成功の鍵となります。コミュニケーションの質が高ければ高いほど、引継ぎはよりスムーズに、そして効率的に進行します。以下では、コミュニケーションの重要性を強調し、その実践方法を提案します。

オープンで正直なコミュニケーションの促進

信頼の構築: オープンで正直な対話は、新旧の担当者間の信頼関係を構築します。信頼があれば、不明点や懸念事項をオープンに話し合うことが可能となり、誤解のリスクを低減できます。

期待の調整: 期待を明確にし、双方の理解を一致させることで、引継ぎプロセス中の摩擦を最小限に抑えます。期待値の調整は、後の段階での不満や誤解を防ぎます。

フィードバックの受け入れと対応

フィードバックの積極的な収集: 引継ぎを受ける側からのフィードバックを積極的に収集し、それを引継ぎプロセスの改善に活用します。これにより、引継ぎの質を継続的に向上させることができます。

進行中の調整: フィードバックに基づき、引継ぎの進行中に必要な調整を行います。これにより、新担当者が直面するかもしれない問題を早期に解決し、業務の効率を保ちます。

コミュニケーションは、単に情報を伝達するだけでなく、関係を築き、理解を深めるための手段です。効果的なコミュニケーションによって、引継ぎプロセスはより円滑に進み、新担当者が自信を持って業務を引き継ぐことができます。事業企画部における成功の引継ぎは、良質なコミュニケーションがあってこそ達成されるのです。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


引継ぎ後のフォローアップ

引継ぎプロセスが完了した後も、その効果を最大限に活かすためには適切なフォローアップが必要です。この段階では、新担当者がスムーズに業務を進められるように、継続的なサポートとガイダンスを提供することが重要になります。

定期的なチェックインの実施

定期的な進捗確認: 新担当者の業務の進捗を定期的にチェックし、必要に応じてサポートを提供します。これには、週次または月次でのミーティングの設定が含まれることが多いです。このようなチェックインは、新担当者が直面している課題や疑問に迅速に対応するための良い機会となります。

目標達成のサポート: 短期的および長期的な目標に対する新担当者の進捗を確認し、目標達成に向けて具体的なフィードバックやアドバイスを提供します。

追加サポートと資料の提供

追加資料の提供: 引継ぎ期間中にカバーできなかった詳細情報や、新たに生じた業務上の変更に関する資料を提供します。これにより、新担当者が最新の情報に基づいて業務を進めることができます。

継続的な学習の機会の提供: 新担当者が自らのスキルを継続的に向上させることができるように、研修プログラムへの参加やオンラインコースの利用を奨励します。

引継ぎ後のフォローアップは、新担当者が自信を持って業務を遂行できるようになるまでの過渡期をサポートするために不可欠です。定期的なコミュニケーションと継続的なサポートによって、新担当者は早期に業務に適応し、事業企画部の目標達成に貢献することができます。


事業企画部での引継ぎは、組織の未来に大きな影響を与える重要なプロセスです。成功する引継ぎは、計画的な準備、明確なコミュニケーション、詳細なドキュメントの作成、実践的なデモンストレーション、そして引継ぎ後の継続的なフォローアップによって支えられます。これらのステップを適切に実行することで、新担当者は迅速に業務を引き継ぎ、事業の目標達成に向けて貢献することができます。

オープンで正直なコミュニケーションの促進と、引継ぎ後のフォローアップの実施は、新担当者が自信を持って業務に取り組めるようにするために特に重要です。効果的な引継ぎプロセスは、事業企画部の成功と持続可能な成長を保証するための基盤を築きます。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。