すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

eラーニングはなぜ「頭に入らない」のか<効果的なeラーニングの秘訣>

January 31, 2024

はじめに:デジタル時代へ対応する鍵

デジタル時代の到来とともに、eラーニングは教育界の新たな潮流となりました。場所や時間に縛られず、自分のペースで学べるこの方法は、従来の教育システムに新しい風を吹き込んでいます。企業の研修から大学の講義まで、幅広い領域でeラーニングの導入が進んでいるのです。

このeラーニングの最大の魅力は、そのアクセシビリティと柔軟性にあります。遠隔地にいても、様々な資源にアクセスでき、また、自分のライフスタイルや仕事のスケジュールに合わせて学習を進められる点が、多くの人に支持されています。しかし、その一方で「学んだ内容が頭に入らない」という問題が浮上しています。オンライン学習は自己管理能力を高める一方で、対面での授業が持つ直接的な人間関係やリアルタイムのフィードバックの欠如が、学習効果に影響を与えているのです。

今回の記事では、eラーニングがなぜ「頭に入らない」と感じられるのか、その原因を深く掘り下げます。また、効果的なオンライン学習法として、どのようなアプローチが有効なのかを検証し、具体的な改善策を提案します。eラーニングのポテンシャルを最大限に引き出すためには、単にデジタルツールを使うだけでなく、学習者の心理や行動パターンを理解し、それに適した方法を採用することが重要です。画面越しの教育が直面する課題と、それを乗り越えるための戦略を、総合的にご説明していきます。

eラーニングの課題

eラーニングが教育界で急速に普及する中、いくつかの重要な課題が明らかになっています。これらの課題は、eラーニングの効果を最大限に引き出すために、理解し対処する必要があります。

集中力の欠如: オンライン学習は自宅やカフェなど、学習者が快適な環境で学べる利点がありますが、同時に多くの誘惑にさらされることにもなります。家庭の雑務、SNS、動画ストリーミングなど、注意を散漫にさせる要因が常に存在します。集中力の維持は、eラーニングにおける最大の挑戦の一つです。

インタラクティブ性の不足: 従来の教室学習では、教師と学生の間、また学生同士の対面でのやり取りがありますが、eラーニングではこのインタラクションが大幅に減少します。特に議論や質疑応答などの活動が限られることで、学習者は孤立感を感じやすくなります。

個々の企業への適応不足: 企業のビジネスモデル、職種などにより、個々人にはそれぞれ異なる学習スタイルがありますが、多くのeラーニングプログラムは一律の教材や方法を採用しています。これにより、特定の学習スタイルに合わない学習者は、効率よく学習を進めることが難しくなります。

これらの課題に対処することは、eラーニングの効果を最大化し、学習者にとってより有益な体験を提供するために不可欠です。次のセクションでは、これらの課題を克服するための具体的な方法を探求します。

学習効率を下げる要因

eラーニングがもたらす利点は多大ですが、同時に学習効率を下げる要因も存在します。これらの要因を理解し、適切に対処することで、eラーニングの効果を高めることができます。

画面疲労: コンピューターやタブレットの画面を長時間見続けることは、視覚疲労を引き起こします。これにより、集中力が低下し、学習効率も下がります。定期的な休憩や、画面設定の調整は画面疲労を軽減するのに役立ちます。

情報過多: インターネット上でアクセス可能な膨大な情報量は、しばしば学習者を圧倒します。どの情報が重要で、どれを無視すべきかを判断するのが難しくなることがあります。重要な情報を絞り込み、学習の焦点を明確にすることが重要です。

自己管理の難しさ: 自宅やカフェでの学習は、多くの自由をもたらしますが、自己管理の能力も同時に求められます。時間管理、学習計画の立案、目標設定など、自律的な学習を行うためには高い自己管理能力が必要です。

これらの要因は、eラーニングにおける学習効率を著しく下げる可能性があります。しかし、適切な対策を講じることで、これらの課題を克服し、学習効果を最大限に引き出すことが可能です。次のセクションでは、eラーニングをより効果的にするための具体的な秘訣をご説明します。

効果的なeラーニングの秘訣

eラーニングが急速に普及する中、その効果を最大限に引き出すための戦略が重要になってきます。以下に、eラーニングを成功させるための主要な秘訣を詳細に解説します。

1.休憩時間の活用

連続した長時間学習は脳の疲労を招き、集中力の低下につながります。ポモドーロ・テクニックのように、25分の学習後に5分の休憩を取る方法など、短い休憩を定期的に挟むことで、脳に休息を与え、効率と記憶の定着を高めることが可能です。また、休憩中には身体を動かしたり、リラックスしたりすることで、学習への集中力を再度高めることができます。

2.学習環境の最適化

効果的なeラーニングのためには、学習環境の整備が不可欠です。静かで集中しやすい環境を作ること、適切な照明と座席を確保すること、必要な学習資料やツールを手元に準備することが大切です。快適で集中しやすい環境は、学習効果を大きく向上させることができます。

3.インタラクティブなコンテンツの活用

インタラクティブな教材の使用は、学習者のモチベーションを高め、より深い理解を促します。例えば、実際の事例を模したシミュレーション、対話形式のクイズ、同僚や他の学習者とのオンライン討論フォーラムなどが効果的です。これらのアクティビティは、受動的な学習から能動的な学習へと移行させ、学習者の関心を引き付け、より深い知識の獲得に貢献します。

4.社内ナレッジを活用したコンテンツの活用

企業内でのeラーニングにおいては、社内の既存ナレッジや経験を活用したカスタマイズされたコンテンツが非常に効果的です。実際の業務に直結した内容や、社内で発生した具体的な課題を取り入れることで、従業員の関心を引き、実務に直接応用可能な知識やスキルの習得を促進します。これにより、学習内容の実用性が高まり、学習意欲も向上します。

これらの秘訣を適切に組み合わせることで、eラーニングの経験はより豊かで有意義なものに変わります。eラーニングは単なる知識の伝達手段に留まらず、学習者が能動的に関与し、実践的なスキルを身につけるプラットフォームとしての可能性を秘めています。次のセクションでは、これらの戦略がどのように実際のeラーニングプログラムで実践されているかの事例を紹介します。

成功事例と研究

eラーニングの導入に成功した企業事例を通じて、その効果的な活用方法と成果を紹介します。

大手IT企業の事例: ある大手IT(ネット系)企業では、従業員の継続的なスキルアップとイノベーションの促進を目的に、eラーニングプラットフォームを導入しました。このプラットフォームは、最新の技術トレンドに関するコースや、エンジニア向けのリーダーシップ開発プログラムを提供しています。また、従業員が自身のキャリアパスに合わせてカスタマイズ可能な学習コースを選択できるように設計されており、学習意欲の向上に大きく貢献しました。

製造業の事例: 一方、製造業のある企業では、eラーニングを用いて安全教育と技術トレーニングを実施しています。特に、工場の安全基準や操作手順に関するコンテンツをビデオとインタラクティブなクイズ形式で提供し、従業員の実務に直結する知識とスキルの向上を図りました。このアプローチは、従業員の安全意識を高めると同時に、生産性の向上にも寄与しています。

小売業の事例: 小売業界においても、eラーニングは顧客サービスと販売スキルの向上に貢献しています。ある小売企業では、店舗従業員向けにカスタマイズされたeラーニングコースを展開し、製品知識や顧客対応スキルの向上を図っています。また、季節ごとの販売戦略やプロモーションに関する最新情報を迅速に共有することで、従業員が最前線で活躍できるよう支援しています。

これらの事例からは、eラーニングが企業内の様々なニーズに柔軟に対応できる強力なツールであることがわかります。次のセクションでは、eラーニングの未来についての展望と、今後の発展に向けた期待をまとめます。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


まとめ:社内ナレッジを活用したeラーニングのご紹介

最近のeラーニングのトレンドは、「生きた社内ナレッジ」を活用することです。弊社researcHRでは、Microsoft Teams上で収集されたナレッジから社内ナレッジに関する問題を作成し、特に新入社員のeラーニングに利用しています。これにより、日常業務に直結した実践的な知識を学ぶことが可能になります。

従来のeラーニングでは、一般的な教材や理論に重点を置いているため、実際の業務に即した内容が不足しがちです。しかし、弊社のアプローチでは、実際の業務で使われる具体的なナレッジを学習材料として利用するため、新入社員はより実践的で現場感覚に基づいたスキルを身につけることができます。

また、このシステムの大きな利点は、常に最新の情報を反映した学習コンテンツを提供することです。企業内で日々更新される情報やノウハウをeラーニング教材として活用することで、従業員は変化する市場や業界のトレンドに迅速に適応するスキルを磨くことができます。

さらに、実際の業務で遭遇する可能性のある課題に基づいた教材を使用することで、新入社員は理論だけでなく、実際の問題解決能力も同時に養うことが可能です。これは、従来の理論中心のeラーニングでは得られない実践的な経験を提供します。

弊社のeラーニング機能は、新しい時代のニーズに合わせた革新的な学習ツールとして、企業の人材育成において重要な役割を果たしています。今後もこの機能をさらに進化させ、企業内のナレッジ共有と従業員のスキルアップに寄与していくことでしょう。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。