すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

eラーニングの「効果ない」「効果ある」はどこに差が生まれるのか【マネージャー向け】

February 4, 2024

eラーニング、このデジタル時代の教育革命は、学びの方法を根本から変えつつあります。伝統的な教室学習と比較して、eラーニングは時間や場所の制約を超え、学習者一人ひとりにカスタマイズされた教育体験を提供する可能性を秘めています。しかし、この革新的な学習方法が必ずしも成功を約束するわけではありません。実際、多くの企業や教育機関で導入されているにも関わらず、その効果は大きく異なっています。では、なぜこのような差が生じるのでしょうか?

eラーニングの成功は、多くの要素に依存します。教材の質、プログラムの構造、技術的なアクセス性、そして何よりも受講者のモチベーションと継続性が重要な役割を果たしています。この記事では、これらの要素を掘り下げ、eラーニングの効果を最大化するために、マネージャーやeラーニングを課す側が取るべき戦略に焦点を当てていきます。

具体的には、まずeラーニングの効果を左右する主要な要因について分析し、その後、効果的なeラーニングを実施するためのマネージャーの役割について考察します。また、企業が直面する可能性のある課題と、それに対する実践的な解決策についても検討します。成功事例と失敗事例を比較分析することで、効果的なeラーニングプログラムの重要な要素を明らかにし、読者が自身の組織やチームに適用できる洞察を提供します。

今回の記事を通じて、eラーニングの真のポテンシャルを理解し、それを実現するための具体的な手法をご説明します。教育技術の進歩により、eラーニングはこれからも進化し続けるでしょう。その変化に対応し、学習効果を最大限に引き出すためには、マネージャーや教育者がプロアクティブに取り組む必要があります。

効果的なeラーニングのためのマネージャーの役割

eラーニングの成功には、マネージャーの積極的な関与が不可欠です。彼らの役割は、ただ受講者に教材を提供するだけではなく、学習プロセス全体をサポートし、モチベーションを維持することにあります。

受講者へのサポートとモチベーションの維持

マネージャーは、受講者がeラーニングを効果的に活用できるよう支援する必要があります。これには、学習目標の設定、進捗の確認、必要に応じた追加資料の提供などが含まれます。また、受講者が学習に取り組むモチベーションを維持するために、定期的なフィードバックや激励が重要です。

定期的なフィードバックと進捗管理

eラーニングの進捗を追跡し、定期的にフィードバックを提供することは、マネージャーの重要な役割の一つです。これにより、受講者は自分の学習が適切な方向に進んでいるかを知ることができ、必要に応じて学習計画を調整できます。また、フィードバックは受講者の自信を高め、学習への意欲を刺激します。

効果測定とカリキュラムの調整

マネージャーはeラーニングプログラムの効果を定期的に測定し、必要に応じてカリキュラムを調整する責任を持ちます。効果測定には、受講者の学習成果、知識の定着度、実務への応用度などが含まれます。このデータを基に、教材や指導方法を最適化することで、プログラム全体の質を向上させることができます。

マネージャーがこれらの役割を果たすことにより、eラーニングはより効果的な学習手段となります。次のセクションでは、企業がeラーニングを導入する際に直面する課題と対策について詳しく見ていきます。

eラーニング導入における企業側の課題と対策

eラーニングを効果的に導入し、運用することは企業にとって重要な課題です。以下では、このプロセスにおける主要な課題と、それに対する実践的な対策を探ります。

1.適切なプラットフォームと教材の選定

企業が直面する最初の課題は、適切なeラーニングプラットフォームと教材を選定することです。プラットフォームは使いやすく、アクセスしやすいものであるべきです。また、教材は企業のニーズと従業員のスキルレベルに合わせてカスタマイズされる必要があります。選定プロセスには、IT部門や教育専門家の意見を積極的に取り入れることが推奨されます。

2.社内でのeラーニング文化の醸成

eラーニングを成功させるためには、学習を奨励し、支援する企業文化が必要です。これには、従業員に学習時間を提供したり、学習成果を評価や昇進に反映させるなどの取り組みが含まれます。また、成功事例を社内で共有することで、他の従業員の学習意欲を刺激することも効果的です。

3.成果測定とROI(投資対効果)の評価

eラーニングプログラムの成果を定期的に測定し、投資対効果(ROI)を評価することは、企業にとって重要です。この評価には、従業員のスキル向上、業務効率の改善、社内の知識共有度の向上などが含まれます。効果的な評価により、プログラムの持続可能性と価値を確認し、必要に応じて改善策を実施できます。

企業がこれらの課題に対して適切に対応することで、eラーニングの効果を最大限に引き出すことが可能です。次のセクションでは、成功事例と失敗事例を分析し、eラーニングプログラムの重要な要素を明らかにします。

成功事例と失敗事例の分析

eラーニングの実施にあたり、成功と失敗の事例を詳細に分析することは、プログラムの効果を最大化する鍵となります。ここでは、成功した事例と失敗した事例を深掘りし、それぞれの要因を明らかにします。

成功事例

成功したeラーニングプログラムには、いくつかの共通点が存在します。これらのプログラムは、明確な学習目標と具体的な成果指標を設定しています。教材は高品質で、インタラクティブな要素や実践的な演習が組み込まれ、学習者の関与を促進します。例えば、ある企業では、仮想現実(VR)を用いたインタラクティブなトレーニングを導入し、従業員の関心と参加を高めることに成功しました。

さらに、成功事例では、マネージャーやトレーナーによる継続的なサポートとモチベーションの促進が見られます。これにより、受講者は学習プロセスを通じて適切なガイダンスと励ましを受けることができます。定期的なフィードバックと進捗の追跡により、学習者は自分の成長を実感し、学習に対するモチベーションを持続させることが可能になります。

失敗事例

一方で、効果が得られなかったeラーニング事例には、いくつかの共通の問題点があります。教材の質が低い、あるいは内容が時代遅れである場合、受講者はすぐに興味を失います。また、カリキュラムが受講者のニーズやスキルレベルに合っていない場合、学習者は挫折感を覚えることがあります。たとえば、ある企業では、一般的な内容のeラーニング教材を採用したものの、従業員からは「自分たちの業務に関連性が低い」とのフィードバックがあり、参加率が低下しました。

技術的な問題も失敗の大きな要因です。プラットフォームが使いにくい、アクセスが困難、または頻繁にシステムトラブルが発生すると、学習者のフラストレーションが高まり、学習効果が損なわれます。さらに、組織内でeラーニングの重要性が十分に認識されていない場合、学習への投資やサポートが不十分になることがあります。これにより、プログラムの効果が低下し、最終的には失敗に終わることがあります。

以上のように、成功事例と失敗事例を比較することで、eラーニングプログラムの計画と実施における重要なポイントを把握することができたのではないかと思います。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


まとめ:eラーニングの実践

本稿を通じて、eラーニングの効果に影響を与える多くの要因を探求しました。成功事例と失敗事例から得られる教訓は、eラーニングの実施において非常に価値があります。重要なのは、明確な学習目標の設定、カリキュラムの適切なカスタマイズ、受講者への継続的なサポートとモチベーションの維持、そして技術的な問題への迅速な対応です。

eラーニングの進化:テクノロジーの進化は、eラーニングの可能性をさらに広げています。人工知能(AI)や機械学習を活用することで、学習体験をよりパーソナライズし、効率的にすることができます。また、バーチャルリアリティ(VR)や拡張現実(AR)のような新しい技術を取り入れることで、インタラクティブで没入型の学習体験を提供することも可能になります。

持続可能な学習環境の構築:eラーニングの未来を考えるとき、持続可能な学習環境の構築が重要です。これには、学習者のニーズに合わせた柔軟な学習オプションの提供、学習成果の継続的な評価と改善、そして社会的および経済的な変化に適応する能力が求められます。

eラーニングは、正しく設計され、実施されれば、教育とトレーニングの分野において革命的な変化をもたらすことができます。マネージャーと企業は、これらの機会を最大限に活用し、学習者にとって有意義で効果的な学習体験を提供するために、プロアクティブなアプローチを取る必要があります。

弊社(researchHR)では社内のナレッジを活用した効果的なeラーニングの開発、運営をサポートしています。Microsoft Teamsを活用したナレッジを活用することで比較的負担がすくなく、かつ自社独自のナレッジをeラーニングにすることで、ナレッジを明部化すると同時に新しいメンバーに向けてeラーニングとして提供することを可能にします。自社のナレッジですので、ROIに直接貢献できるとともに、自身の活動がeラーニングになることでeラーニングを文化として定着させることが可能です。ぜひご検討ください。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。