すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

eラーニングのメリットとは<デメリットを解消するためのコツ>

January 31, 2024

eラーニングとはインターネットやコンピュータ技術を活用した学習方法

eラーニングは、インターネットやコンピュータ技術を活用した学習方法です。伝統的な教室での学習と異なり、オンライン環境で、自分の都合に合わせて学ぶことができます。この方法は、知識の習得だけでなく、スキルの向上や資格取得のためにも広く利用されています。

近年、技術の進歩とともに、eラーニングの利用は急速に広がっています。インターネットが普及したことにより、場所を選ばず、また様々なデバイスを使って学習できるようになりました。さらに、多様なオンラインコースが提供されるようになり、学びたい内容を自分で選べるようになったのです。

この学習スタイルは、自己主導で学べることが最大の特徴です。自分のペースで学習を進めることができるため、忙しい人々にとっては特に便利です。また、時間や場所の制約が少ないため、世界中どこからでもアクセス可能です。

eラーニングのメリット

1.時間と場所の柔軟性

eラーニングの際立った特徴は、その時間と場所の柔軟性です。職場や自宅、カフェ、移動中など、どのような環境でも学習を進めることが可能です。これにより、忙しい日々を送る人々でも、自分のライフスタイルに合わせて学習の時間を確保することができます。例えば、朝の通勤時間に英語のレッスンを受けたり、夜に専門的なスキルのトレーニングを行うことが可能です。この柔軟性は、特に時間の制約が大きいビジネスパーソンや家事と育児に忙しい親、遠隔地に住む学生にとって非常に重要なメリットです。

2.豊富な学習リソース

オンライン学習プラットフォームは、様々な教材やコースを提供しており、学習者のニーズに応じた多彩な選択肢を提供します。これらのリソースは、プログラミング、ビジネスマネジメント、芸術、外国語学習など、幅広い分野をカバーしています。高品質のビデオレクチャー、インタラクティブな課題、リアルタイムのフィードバック、討論フォーラムなど、多様な形式での学習が可能です。これにより、学習者は自分の関心や学習目標に最も合ったコースを見つけ、深い知識と実践的なスキルを身につけることができます。

3.自己ペースでの学習

eラーニングは個々の学習ペースに合わせて進められるため、学習者一人ひとりのニーズに対応することができます。自分の理解度に合わせて進行速度を調整することが可能であり、これによりストレスなく学習を進めることができます。例えば、難しいトピックではゆっくりと時間をかけて理解を深め、得意な分野では迅速に進むことができます。自己ペースでの学習は、自信を持って学習を進めることを可能にし、結果的に効果的な学習結果をもたらします。

4.継続的なアップデートと進化

デジタル学習プラットフォームは、最新の教材と情報を継続的に提供します。これは、特に変化が激しい業界や技術分野において重要です。例えば、プログラミング言語やマーケティングの戦略は常に進化していますが、オンラインのコースでは最新のトレンドに基づいた内容が提供されます。これにより、学習者は時代遅れの情報を学ぶことなく、常に最前線の知識とスキルを身につけることができます。

eラーニングのデメリット

1.技術的な問題とアクセス

eラーニングはインターネットやデバイスへのアクセスが前提となりますが、これらの要素が十分でない場合、学習の質や機会に影響を及ぼします。特に地方や途上国では、不安定なインターネット環境や古いデバイスが、学習効果を低下させる原因となっています。また、オンラインシステムのトラブルやソフトウェアの問題が発生した際、迅速な技術サポートが得られない場合、学習過程が中断される可能性があります。これらの問題は、特にオンライン学習に不慣れな学習者にとって、大きな障害となり得ます。

2.直接的な対面交流の不足

eラーニングでは、対面でのコミュニケーションや交流が限られるため、対人スキルやチームワークの発達に影響が出ることがあります。実際の教室では、教師や同級生との対話を通じて、アイデアを共有し、批判的思考を深める機会が得られますが、オンライン環境ではこれが限定されます。また、特に言語学習やディスカッションを重視する学問分野では、実際の会話練習や議論の機会が少ないため、学習成果に影響が出る可能性があります。

3.自己管理とモチベーションの維持

eラーニングは高い自己管理能力を要求します。学習者は、自分自身で学習計画を立て、時間を管理し、目標を設定し、自らのモチベーションを維持する必要があります。しかし、これらが難しい学習者にとっては、学習を継続することが困難になることがあります。また、オンライン環境では孤独感を感じることも多く、これがモチベーションの低下や学習意欲の喪失につながることがあります。

4.教育の質のばらつき

オンライン上で提供される教育コンテンツの質には大きな差があります。一部のコースは最新の情報と高品質な教材を提供している一方で、内容が古かったり、教育的価値が低いものも存在します。そのため、学習者は自身でコースの質を見極める必要があります。また、特にキャリアアップや資格取得を目的とする場合、認定された資格や単位を提供しているコースを選ぶことが重要です。このような質のばらつきは、学習者の目的に合わないコース選択や時間の無駄につながるリスクを持っています。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


eラーニングを最大限活用するためのコツ

1.適切なプラットフォームの選択

eラーニングを最大限に活用するためには、自分の学習目的やスタイルに合ったプラットフォームを選ぶことが重要です。豊富なコースを提供する総合的なプラットフォーム、特定のスキルや資格に特化した専門的なサイト、インタラクティブな学習が可能なプラットフォームなど、各々に特色があります。自分の学習目標や好みに合わせて最適なプラットフォームを選ぶことで、学習効果を高めることができます。

2.学習環境の整備

効果的なオンライン学習のためには、適切な学習環境を整えることが大切です。静かで集中できるスペースを確保し、必要な教材やデバイスを整えましょう。また、安定したインターネット接続は必須です。学習環境を整えることで、集中力を保ち、学習効率を向上させることができます。

3.学習計画の立案と実行

自己管理が求められるeラーニングでは、目標設定と計画立案が成功の鍵です。短期目標と長期目標を設定し、それに基づいて学習計画を立てましょう。計画には、どのコースをいつまでに修了するか、毎日または毎週どのくらい学習するかなど、具体的な目標を設定することが重要です。計画を実行する際は、自分自身に責任を持ち、一貫性を持って学習を進めましょう。例えば、プログラミングのスキルを身につけたい場合、初級、中級、上級と段階を踏んで学習する計画を立て、毎週特定の時間を確保して学習に当てることが効果的です。計画を実行する際は、一貫性を持ってコツコツと進めることが重要です。

4.コミュニティとの交流

オンライン学習では、他の学習者や専門家との交流も重要な学習の一部です。多くのeラーニングプラットフォームでは、フォーラムやグループディスカッションが提供されています。これらを活用し、質問をしたり、意見を交換したりすることで、学習の深化や新たな視点を得ることができます。また、学習仲間を作ることで、モチベーションの維持や学習の楽しさを共有することができます。例えば、オンライン語学学習の場合、フォーラムでネイティブスピーカーとのディスカッションを積極的に行い、実践的な会話能力を磨くことができます。また、学習仲間と一緒にオンラインスタディグループを作成し、お互いにモチベーションを高め合うことも効果的です。

eラーニングの将来性

eラーニングは、教育の未来において重要な役割を担っています。テクノロジーの進化により、学習方法はさらに革新的かつ効果的なものへと進化を遂げています。AIやVRなどの最新技術を取り入れた学習体験が提供され始めており、これによりeラーニングはよりパーソナライズされ、実践的で魅力的なものになりつつあります。

今後、eラーニングはますます多くの分野で活用されることが予想されます。例えば、企業研修や専門職の継続教育、趣味やスキル向上のための学習など、多岐にわたる分野での需要が高まっています。また、遠隔地や教育資源が限られた地域でも、高品質な教育を受ける機会が増えることで、教育の格差を減らすことにも貢献しています。

eラーニングは生涯学習の文化を促進しています。年齢や職業、地域に関わらず、自分のペースで学び続けることができるため、多くの人々にとってアクセシブルな学習手段となっています。このように、eラーニングは教育のアクセシビリティを高め、学びの可能性を広げています。

eラーニングの未来は非常に明るく、その可能性は無限大です。技術の進歩とともに、より多くの人々が質の高い教育を受けられるようになることで、個人の成長はもちろん、会社全体の発展にも寄与するでしょう。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。