すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ

Teamsアプリのダウンロード方法【PC版・スマホ版】

October 3, 2021

今回の記事では、Teamsアプリのダウンロード方法をPC版・スマホ版それぞれ分けてお伝えします。

①PCで直ぐにダウンロードしたい方は、次の項目『■Teams | ダウンロード方法』へ。

②スマホですぐにダウンロードしたい方は、最後の項目『■Teams | スマホでのダウンロードはこちら』へ。

また、WEB会議の主催側(ホスト側)から、「URL付きの招待メール」が送られてきた場合。実は、ゲストとして参加するだけなら、アプリのダウンロードすら不要です。そんな方は『・招待メール(URL)からゲストとして参加』までスキップしてください。

Teamsアプリのダウンロード方法(PC版)

まずは、PCでのダウンロード方法を説明します。下記で紹介する方法では、料金は一切発生しないのでご安心ください。 

なお、Windows版の画面を用いて紹介しますが、Mac版も、流れは同じなので同様にご参照いただけます。

Windows版(Mac版)のダウンロード/無料版

下記のリンク先の[Teamsをダウンロード]をクリックしてください。 

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/download-app#desktopAppDownloadregion

下記のようなダウンロード画面が表れて完了したら、次の「ダウンロード保存先」へ。

※場合によっては「実行」ボタンを押す必要があります

ダウンロードの保存先

ダウンロードされたTeamsは、PC内の「ダウンロード」のなかに保存されています。

「ダウンロード」の場所が分からない方は、適当なフォルダを開き、左側にある「ダウンロード」をクリックすれば、右側に下記のようなダウンロードリスト(日付別)が開きます。

一覧にある「Teams…」ファイルをダブルクリックすれば、自動でインストールが開始されます。

下記は、インストール中の画面です。Teamsは重たいアプリではないため、通信環境に問題がなければ数分で完了するでしょう。

以下の様な「アカウント」を求める画面が出たら、Microsoftアカウントに登録した「メールアドレス」と「パスワード」を順番に入力すれば、

サインインが完了し、Teams画面が開きます。

以上で、無事ダウンロード(インストール)は完了です。

PC起動後のTeams自動起動をやめさせる

補足です。Teamsをインストール以降、PCを起動すると、Teamsアイコンに触ってすらいないのに、Teamsも勝手に起動します。

これが「邪魔だ!」「PCの立ち上がりが遅くなる!」という声をよくお聞きしますので、解除方法をご紹介します。(ただし、Teamsを頻繁に使う場合等は設定を変える必要はありません)

方法はカンタンです。画面右上の「…」三点リーダーをクリックし「設定」を選びます。

「アプリケーション内自動起動」の左の□が、はじめはオン(紫色)になっているので、画像のようにオフ(白色)にしましょう。

これで、PC起動時に自動でTeamsが起動することはなくなり、PCの立ち上がりの負担が減少します。

Teamsアプリをダウンロードできない場合

Teamsのダウンロードが上手くできないという場合は、下記をお試しください(試しやすい順番に並べています)。

 ✓ダウンロードページを更新する
 ✓ブラウザを再起動する
 ✓他のブラウザを使う
 ✓パソコンを再起動する
 ✓OSの更新プログラムをアップデートする(未更新がある場合)
 ✓時間を少しおいて再度ダウンロードを試してみる

そもそも、以下のようなことがないかも念のためご確認ください。

 ✓ネットに接続されていない
 ✓ネット接続が不安定
 ✓PCのハードディスクの容量不足


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


Teamsアプリをダウンロードをせずに利用する方法

実はTeamsは、アプリをダウンロードしなくても利用可能です。ここでは、とくに頻度が高い2つのパターンを紹介します。

招待メール(URL)からゲストとして参加

Microsoftアカウントも不要で、ネット環境だけで参加できます。

下記のような招待メールが届くことがあります。こういった場合は[会議に参加するにはここをクリックしてください]を、文字通りクリックしてください。

※下記画像は、outlookでメールを受け取った際の画面です

すると、ブラウザで下記の画面が自動で開きます。今回は、ダウンロードせずにこのままブラウザ上で参加するので、[このブラウザーで続ける]をクリック。

そして、下記のような画面が表れればOKです。自分の名前を入力して[今すぐ参加]でそのままWEB会議に参加できます。

以上です。

ブラウザから入る方法は、既にTeamsアプリをインストールしている場合でも、「なぜかTeamsアプリが起動しない=使えない」といった緊急事態にも有効です。

招待メール(URL)さえあれば、Teamsアプリを一切使わないくても、とり急ぎの参加が可能です。いざという時の方法として覚えておくと便利です。

ブラウザ版のTeamsを利用する

通常はアプリを使用するケースが多いですが、

「共用のPCを使ってTeamsを利用したい(WEB会議を開催したい)」
「急にTeamsアプリが使えなくなった」

といった場合に有効です。

まず、ブラウザで下記のURLにアクセスしてください。

https://teams.microsoft.com

サインインのためにmicrosoftアカウントを求められるので、「メールアドレス」と「パスワード」を順番に入力すれば、

下記の画面が開き、ブラウザ版Teamsを利用可能です。(アプリ版と操作画面の配置などは同じです)

ただし、ブラウザ版のWEB会議(ビデオ通話)では、「背景の変更」や「背景のぼかし」はできないのでご留意ください。

Teamsアプリ<スマホ版>のダウンロード方法

iPhoneアプリと、Androidアプリそれぞれへのダウンロード方法を解説します。

スマホアプリでTeams使うことはあまりなさそう…という方も、とりあえずダウンロードしておけば、PCの急な故障、PCのネット接続不良、PCでTeamsアプリが開けない…

といった「PCでTeamsアプリが使えない時」の代替手段として重宝します。

iPhoneアプリのダウンロード

通常のアプリダウンロード方法と同じです。

「App Store」をタップ。画面下部のメニューから「検索」のタグを選択して、画面上部に表れる「検索バー」に「Teams」と入力します。

「Microsoft Teams」が表れるので[入手]をタップすると、ダウンロードが始まります。

以下のようにTeamsアプリが、追加されれば無事ダウンロード完了です。

Teamsアイコンをタップして、サインイン※を行えば、他端末と同様に自分のアカウントでTeamsを利用できます。
※microsoftアカウント(メールアドレスとパスワード)を入力

ちなみに、招待メール(URL)を受けとり、スマホからWEB会議にゲスト参加する場合は「ダウンロードは不要」です。

以上、iphoneでの「Teamsアプリ」ダウンロード方法でした。

Androidアプリのダウンロード

通常のアプリダウンロード方法と同じです。「Play ストア」を選択します。

「検索バー」を選択し、「Teams」と入力します。

検索の結果、下記画面が表れたら、インストールをタップします。

下記のようにTeamsアプリが、追加されれば無事ダウンロード完了です。

Teamsアイコンをタップして、サインイン※を行えば、他端末と同様に自分のアカウントでTeamsを利用できます。

※microsoftアカウント(メールアドレスとパスワード)を入力

ちなみに、招待メール(URL)を受けとり、スマホからWEB会議にゲスト参加する場合は「ダウンロードは不要」です。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

AIアシスタント researcHR(リサーチャー)
【Teamsに追加するだけで】チームの「誰が・何を知ってるか」を集約

※社内の情報共有やマネジメントにお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

すぐわかるresearcHR資料セット

※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、
わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。

資料を見る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。