すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ

Teamsアプリ"無料版"と"有料版"の違い・機能比較

October 17, 2021

今回の記事では、Teamsアプリの無料版と有料版との違い(機能や料金)についてお伝えします。

Microsoft Teamsとは

リモートワークの普及によって、ビジネスチャットやオンライン会議ツールの利用機会が格段に増えました。数あるコミュニケーションツールの中でも、ビジネス用途での普及率で群を抜いているのが、マイクロソフト社の「Teams」です。

Microsoft Teamsは、同社のコミュニケーションツールSkype for Businessの後継としてリリースされたツールです。Skype for Businessに比べ、メンバー管理やアプリ連携などの機能が強化されています。

・音声通話・ビデオ通話・オンライン会議に対応
・「チーム」「チャネル」といった、組織やプロジェクト単位でのコミュニケーション機能が充実
・組織外のメンバーも招待することができる
・Officeとの連携が可能

この「Officeとの連携」がTeams最大の特徴。すでにOfficeアプリを導入している企業が多いことが、Teamsがビジネスで選ばれる理由の一つにもなっています。

無料版と有料版の違い・機能毎の比較

ここからは、無料版と有料版の違いを表で説明していきます。

①会話と通話

②チャットとコラボレーション

③生産性向上アプリとサービス

④セキュリティとコンプライアンス

⑤管理とサポート

出典:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-teams/compare-microsoft-teams-options


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


比較①チャット・会議・通話

無料版でもチャット・音声通話・ビデオ通話・オンライン会議を利用することはできますが、参加人数や1回あたりの会議の長さの上限は有料版に比べ低く設定されています。

また、無料版では会議をレコーディングすることはできません。

画面共有や背景のカスタマイズなど基本的な機能はほぼ使えますので、少人数での使用がメインであればそれほど困ることはないかもしれません。

比較②ファイル共有

チャットやチームでのファイル添付は無料版でも有料版でも可能ですが、ストレージ容量には大きな差があります。これは、有料版の場合はクラウドストレージのOneDriveとSharePointがプランに含まれていて、チャットで共有したファイルはOneDrive、チームで共有したファイルはSharePointを保存先として利用できるからです。

比較③ユーザー管理

組織内のユーザーを管理したり、使用状況をレポートしたりする機能は有料版にしかありません。また、有料版には稼働保証やサポートが付帯しておりトラブル時の体制も万全です。

補足・有料版Microsoft 365 Business BasicとBusiness Standardの違い

有料版Business BasicとBusiness Standardとの大きな違いは、Officeアプリの有無。

BasicはWord/Excel/PowerPointなどのオンライン版が利用できますが、Webブラウザ上で起動するため一部機能に制限があります。Standardはデスクトップ版をパソコンにインストールして使用することが可能になるので、Officeアプリをフルに活用するならStandard以上がおすすめ。さらに上位の「E3」もあります。

Teamsと他のアプリの連携

Teams有料版の場合、Microsoft 365に含まれる他のアプリやサービスとの連携ができます。

OneDrive,SharePointでファイル保存・共有

チャットで送ったファイルは個人のOneDriveに、チームで送ったファイルは組織のSharePointに保存されます。大容量のストレージが割り当てられているので、会議をまるごとレコーディングしてメンバーに共有することも可能。録画・保存・共有がTeamsの操作で完結するので効率的です。

OutlookとTeamsが連動

TeamsにはOutlookアドインが入っていて、連動した使い方ができます。

・Teamsでスケジュールした会議がOutlookの予定表に登録される
・Outlookの予定表からTeams会議をスケジュールできる
・スケジュールした会議の開始前にOutlookのアラームを表示させる
・Outlookから送信したメールをチャネルに投稿できる
・Teams不在時のアクティビティをメールで通知する

Teams無料版・有料版の利用方法

Teams無料版と有料版それぞれの利用方法を見てみましょう。

無料版の利用方法

無料版はメールアドレスでサインアップすれば利用開始できます。また、招待されてTeams会議に参加する場合は、アカウントがなくても主催者が発行した招待リンクをクリックすれば会議に参加することができ便利です。

Microsoft 365の導入を検討している場合には該当のプランの試用版を申し込めば、期限付きではありますが有料版の機能を一定期間試すことができます。

有料版の利用方法

有料版を利用するには、Microsoft 365への加入が必須です。すでにMicrosoft 365でOfficeアプリを導入していればTeamsも有料版が使えます。

無料版から使い始めた場合は有料版にアップグレードすることができ、無料版で使っていたデータも引き継がれます。

ただし、注意点が2つ。有料版にアップグレードする場合は、組織の全ユーザーを有料版に移行する必要があります。組織内に有料ユーザーと無料ユーザーを混在させることはできません。また、一度有料版に移行したら、無料版に戻すことはできなくなるのでご注意を。

Microsoft Teamsは無料版でもチャットや会議の機能をほぼ網羅しており、個人としての使用や小規模グループでの利用には十分といえます。一方、組織で本格的に利用する場合や、Officeアプリと合わせて使う場合は有料版を推奨。多機能なコミュニケーションツール「Teams」をぜひ活用してみてください。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

AIアシスタント researcHR(リサーチャー)
【Teamsに追加するだけで】チームの「誰が・何を知ってるか」を集約

※社内の情報共有やマネジメントにお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

すぐわかるresearcHR資料セット

※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、
わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。

資料を見る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。