すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
すべて
Teams
社内情報共有
タレマネ
人材育成
ツール導入ノウハウ
Excel
業務効率化

「ロミンガーの法則(70:20:10)」とは、活用するためのコツとその限界

February 8, 2024

はじめに:キャリア開発の鍵

キャリア開発における成功の鍵を握る「ロミンガーの法則(70:20:10)」。この法則は、効果的な学習と成長のための比率を示しており、多くのビジネスリーダーやHRプロフェッショナルに影響を与えてきました。しかし、この法則がどのようにして生まれ、なぜこれほどまでに重要なのでしょうか?

今回の記事では、ロミンガーの法則の起源から、その具体的な内容、さらにはこの法則を日々のキャリア開発にどのように応用すればよいのかを詳しく解説します。70%の実務経験、20%の対人関係やメンタリング、10%のフォーマルなトレーニングや教育というこの法則は、どのようにしてキャリア成長に役立つのでしょうか?

この法則を理解し、実践することで、あなたの職業生活における学習と成長をより効果的にし、最終的にはより高い成功を手にすることができるかもしれません。ロミンガーの法則を活用したキャリア開発の戦略を身に付けることで、自己実現と職業的成功への道が開けるのです。

ロミンガーの法則の起源

ロミンガーの法則は、1990年代に米国の人材開発企業センター・フォー・クリエイティブ・リーダーシップ(CCL)の研究者、モーガン・マキャラックとマイケル・ロミンガーによって提唱されました。彼らは、効果的なリーダーシップ開発のために何が最も重要かを突き止めようと、多くのビジネスリーダーを対象に広範な研究を行いました。

その結果、彼らは「70:20:10」という比率を導き出しました。この比率は、効果的な学習と成長は70%が実務経験、20%が対人関係からのフィードバックやメンタリング、そして10%がフォーマルな教育やトレーニングから得られるというものです。これは、実践と経験を通じた学習が最も重要であり、クラスルームでの学習や公式の研修よりも実践的な経験の方がはるかに効果的であることを示しています。

この法則の背景には、成人学習理論と経験学習の原則があります。成人は実際の職場での経験を通じて学ぶことが多く、対人関係からの学びやメンタリングによって深い洞察を得ることができるとされています。フォーマルな教育やトレーニングは重要ですが、それだけでは十分ではないというのがロミンガーの法則の基本的な考え方です。

この法則が提唱されて以来、多くの組織やリーダーがこの比率を基にした開発計画を採用し、実践してきました。それは、リーダーシップの発展だけでなく、全般的な職員のスキルアップやパフォーマンス向上にも役立っています。

法則の詳細解説

ロミンガーの法則が示す「70:20:10」の比率は、キャリア開発における学習の三つの重要な要素を明確にしています。

1. 実務経験(70%)

法則の中で最も大きな割合を占めるのは、実務経験です。これは、職場での日々の業務、プロジェクトへの参加、新しい役割への挑戦などを通じて学ぶことを意味します。実際の職場環境で直面する課題や困難を乗り越える過程で、個人は重要なスキルや知識を獲得し、自身の強みと弱みを理解することができます。この種の経験は、理論や知識を実践に移すのに役立ち、より深い学びへとつながります。

2. 対人関係(20%)

次に、対人関係からの学びが20%を占めます。これには、メンターやコーチからのフィードバック、同僚や上司との交流、チーム内での協力などが含まれます。他人との関わり合いを通じて得られる洞察や、挑戦的なフィードバックは、自己認識を高め、行動の変化を促します。また、異なる視点を理解し、多様な意見に耳を傾けることで、柔軟性や問題解決能力が向上します。

3. フォーマルなトレーニング(10%)

最後に、フォーマルなトレーニングや教育が10%を占めています。これには、研修プログラム、セミナー、オンラインコース、書籍や記事による学習などが含まれます。この種の学習は、新たな理論、スキル、方法論を提供し、個人の知識基盤を広げます。しかし、この法則によれば、これだけでは不十分であり、実務経験や対人関係からの学びと組み合わせることで、その効果は大きく増します。

この「70:20:10」の比率は、個人が自己のキャリアを発展させる際に、どのように時間とリソースを配分すべきかの指針を提供します。経験を通じて学ぶことの価値を認識し、他人との関係を通じて洞察を得ること、そして適切なトレーニングを受けることが、キャリア成長の鍵となります。

法則を活用するメリット

ロミンガーの法則を活用することには、個人のキャリア開発だけでなく、組織全体にも複数のメリットがあります。

1. 実践的なスキルの強化

この法則に従うことで、個人は実践的なスキルと知識を積極的に習得し、仕事の効率と効果を高めることができます。実務経験を通じて得られる学びは、理論的な知識だけでは得られない洞察やスキルを提供し、実際の業務に直接適用することが可能です。

2. パーソナライズされた学習経験

法則を活用することで、学習者は自身のニーズや関心に合わせて学習内容をカスタマイズできます。自らの経験や対人関係から得る学びを重視することで、より個人に合った、効果的な学習経験を実現することができます。

3. メンタリングとフィードバックの価値の強調

20%の部分は、メンタリングやフィードバックの重要性を強調しています。これにより、個人は自己認識を深め、自身の行動や思考パターンを見直す機会を得ます。また、上司や同僚からの貴重なフィードバックを活用することで、継続的な成長と改善を促進することができます。

4. フォーマルなトレーニングの効果的な統合

法則により、フォーマルなトレーニングや教育はキャリア開発の一部であることが強調されます。この10%の部分を通じて、最新の理論や技術に触れることができ、これを他の経験と組み合わせることで、より深い学習が実現します。

5. 組織の成長と文化の形成

組織レベルでこの法則を採用することで、社員が自らの経験から学び、互いに知識を共有する文化が形成されます。これは、組織全体のスキルと知識の向上、そしてイノベーションと効率の促進に寄与します。

ロミンガーの法則を活用することで、個人は自身のキャリアを積極的に形成し、組織はより効果的で成長志向の文化を築くことができるのです。

実践例とケーススタディ

ロミンガーの法則は、多くの企業や個人によって実践されており、その成功例は多岐にわたります。

企業における実践例

多くの先進企業は、従業員のキャリア開発プログラムにロミンガーの法則を組み込んでいます。例えば、ある大手テクノロジー企業では、従業員に実務経験を豊富に提供し、定期的なメンタリングセッションやピアレビューを通じて学習を促進しています。また、オンラインコースやワークショップへのアクセスを提供し、フォーマルな学習の機会も整えています。

個人による実践例

個々のプロフェッショナルも、この法則を自身のキャリア開発に応用しています。例えば、あるマーケティングマネージャーは、日々の業務を通じて市場のトレンドや顧客行動に関する洞察を深め、定期的なチームミーティングやメンターとの対話を通じてアイデアを磨き上げています。さらに、業界関連のセミナーやオンラインコースに参加し、最新のマーケティング戦略について学んでいます。

ケーススタディ

ある大手国際的メーカーでは、ロミンガーの法則を基にしたリーダーシップ開発プログラムを実施し、目覚ましい成果を上げています。このプログラムでは、若手リーダーに対して、実際のプロジェクトを担当させることで実務経験を積ませ、経験豊富なリーダーからのメンタリングを通じて学びを深めさせています。さらに、リーダーシップに関するワークショップやトレーニングセッションを定期的に開催し、知識の更新とスキルの強化を促しています。

これらの例は、ロミンガーの法則がどのようにして実際のビジネスや個人のキャリア開発に役立てられているかを示しています。このように柔軟に応用することで、法則はさまざまな職場環境や個人のニーズに適応し、効果を発揮することができます。


※researcHR(リサーチャー)は、Teams/Slackに追加するだけでチームの「誰が・何を知っているか」を集約・共有するアプリです。


ロミンガーの法則への批判と限界

ロミンガーの法則は広く受け入れられているものの、いくつかの批判と限界が指摘されています。

一律的な比率の適用性に対する批判

一部の専門家は、すべての個人や状況において「70:20:10」の比率が適用可能であるとは限らないと指摘しています。人によって学習スタイルが異なるため、この比率が必ずしも全員に最適なわけではないのです。特に、新しい分野に入る場合や特定のスキルを習得する際には、フォーマルなトレーニングの比重を高める必要があるかもしれません。

現代の職場環境への適用性

また、テクノロジーの進化やリモートワークの普及により、職場の環境が大きく変化している現代において、法則の適用性に疑問を呈する声もあります。デジタルツールやバーチャルリアリティのような新しい学習手法が登場し、実務経験や対人関係の構築の仕方も変わってきています。

定量的な根拠の欠如

ロミンガーの法則は、実践的な洞察に基づいていますが、その比率が定量的な研究によって裏付けられているわけではありません。このため、一部の学者や専門家は、法則の科学的根拠を問う声を上げています。

これらの批判は、ロミンガーの法則を適用する際に、それを柔軟に解釈し、個々の状況やニーズに合わせて調整する必要があることを示しています。

まとめ:読者へのアクションプラン

今回の記事では、ロミンガーの法則の起源、その詳細、活用するメリット、実践例、そして法則の批判と限界について解説しました。この法則は、個人のキャリア開発と組織の成長の両方において、重要な指針を提供します。

読者の皆様には、この法則を自身のキャリア開発に応用するために、以下のアクションプランを提案します:

①自身の学習経験を振り返り、実務経験、対人関係、フォーマルなトレーニングのバランスを評価する。

②実務経験の機会を積極的に探し、新しいプロジェクトや役割に挑戦する。

③メンターや同僚との関係を深め、フィードバックを活用する。

④必要に応じてフォーマルなトレーニングや教育の機会を追求する。

ロミンガーの法則を活用し、自己成長のための戦略を立てることで、皆様のキャリアはさらに充実したものとなるでしょう。


本記事はKBE(株)がresearcHR(リサーチャー)を提供する過程で蓄積された、現場の声やノウハウ・事例をもとに作成しております。

【Teamsに追加して使える】
社内ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)
チームの「誰が・何を知ってるか」を集約・共有

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHR(リサーチャー)について無料デモを見る

また、KBE(株)では、Teamsの運用・利活用コンサルティングを行っております。
企業やチームに最適のTeams運用方法を設計します。初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

Teams運用・利活用コンサルティングについて

◆Teams活用お役立ち資料集(無料配布中)

◆関連する記事

◆【マネージャー向け】Teamsお役立ち資料(※無料配布中)

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業のTeamsアプリ活用事例をお伝えします。

◆Teamsの基本ガイド

Teams/Slack活用事例

KBE株式会社では、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供しています。(Microsoft公式ソリューション、日経新聞に掲載)

その過程で蓄積された様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

資料請求(無料)

Teams/Slack+AI活用事例集

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

無料ダウンロード

コンディション
分析・レポート サービス

researcHRは、Teamsに追加するだけで、
メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。

さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントをレポートでお渡しします。

サービスページ

新着コラム

Teams運用ガイドライン
作成サービス

Teams運用・利活用
コンサルティング

Teams運用・利活用コンサルティングでは、
researcHRを提供する過程で蓄積された様々な企業のTeams活用事例をお伝えします。
また、導入前段階における「Teamsの基本的な使い方」「活用方法」への支援実績も多く、企業やチームに最適の運用方法を設計します。
初回のご相談無料ですので、ぜひ一度お試しください。

お問い合わせサービス詳細

Teams/Slack活用事例

Teams/Slack利用企業の「活用事例集」を無料でご提供いたします。

Teamsを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)

Slackを活用した
マネジメント事例集

資料請求(無料)
ブログ トップページ

researcHR(リサーチャー)

Teams/Slackに追加するだけで
「誰が・何を知っているか」を集約・共有する人事AIアシスタント

Teamsアプリを活用した
「誰が何を知っているか」の集約・共有 事例集

※Teamsアプリを活用したノウフーの事例を、
わかりやすくご紹介します。

資料をメールで受け取る
Copyright © 2020 researcHR. All rights reserved.
Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

“Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Suspendisse tincidunt sagittis eros. Quisque quis euismod lorem.”

Author Name

Co-Founder and CEO of Company

お役立ち資料(無料配布中)

お役立ち資料(無料配布中)

Teams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

Teamsアプリを活用したマネジメント事例集

KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、様々な企業の「Teamsアプリを活用したマネジメントの事例やTIPS」をお伝えします。

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

「マネジメント」お役立ち資料一覧

「researcHR」サービス紹介資料

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール researcHR(リサーチャー)

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

researcHRのパッケージ一覧

若手・異動者 オンボーディング

新入社員や異動者の受け入れ、早期戦力化なら。週報やメンター制度の置き換えにも

問い合わせ管理

社内問い合わせの一元管理、効率化なら。履歴データを蓄積してナレッジ化、属人化解消にも

営業力強化

営業事例、提案資料等の集約なら。若手-ベテラン間、拠点間の格差解消にも

工数管理

工数管理・見える化なら。週報やExcelの集計、BIツールからの置き換えにも

Teamsに追加して使える

ナレッジ共有ツール
researcHR(リサーチャー)

✅ナレッジ共有、属人化の解消
社内問い合わせの効率化
新人・異動者のフォローアップ
にお困りの際はぜひご相談ください。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、AIがメンバーの状況を収集するため、業務の状況やナレッジが自動で蓄積されます。

既存のナレッジ共有ツールやシステムで、「ログインされない」「データ入力/更新されない」「検索・活用できない」といった悩みを抱える方は、ぜひお問い合わせください。

researcHRについての資料をメールで受け取るTeams/Slackを活用事例集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

※KBE株式会社が、ナレッジ共有TeamsアプリresearcHRを提供する過程で蓄積された、
様々な企業のTeams/Slack運用事例をお伝えします。

【すぐわかるresearcHR資料セット】
※researcHRをはじめて知っていただく方に向けて、わかりやすく基本機能や活用シーンをご紹介します。