メンバーの状況を自動で集約・共有

researcHR マネジメントプラン

対面コミュニケーション減少により「誰が・何を知っているか」の一元管理がより急務になる中、既存の人事システムでは、「システムにログインされない」「データが入力・更新されない」など、データ入力・更新や活用に大きな障壁が存在します。

researcHRをTeams/Slackに追加するだけで、メンバーの「誰が・何を知っているか」を自動で収集し、また情報共有のサイクルを自然と確立させ、
リモートワーク環境下でのマネジメントの工数を削減するプランです。

マネジメントプラン紹介資料のダウンロードTeams/Slackを活用したマネジメントTIPS集
マネジメントプラン紹介資料
ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

「マネージャーによる1on1での個別フォローが中心。会話も進捗確認が中心になりがち」

「誰が悩んでいるかは分からないので、全員一律に声掛けする必要があり工数が増加」

こんな状況が変わる。解決する。

researcHRが選ばれる主な理由

ヘルプが必要なメンバーが分かる

収集されたデータはグラフで表示、ヘルプが必要なメンバーにフォーカスできます。

"メンバー同士の助け合い"のサイクルが自然とできる

週に1度AIがメンバーの状況を自動収集し、全社に共有されることで社内のつながりを強化し、フォローの工数が少なくなります。

業務と成果を簡単にチェックできる

週単位で情報が蓄積されるため、データを遡ることで業務と成果をすぐ確認できます。また、部署横断の情報共有サイクルが自然と確立されるため、直属でないメンバーの状況も確認できます。

メンバーの負担がなく習慣化しやすい

Teams/Slack完結型。AIが自動で状況を定期収集するため、メンバーへの負担が少なく、情報共有の習慣化も簡単です。

各企業のTeams/Slackマネジメント事例集も提供中

今なら各企業の「Teams/Slackマネジメント事例集」を無料でご提供いたします。
下記よりぜひお問い合わせください。

資料請求/お問い合わせ