定量的にメンバーの状況を可視化する

コンディション分析・レポート 機能

パルスサーベイが使えないという声をよくお聞きします。
「状況は分かっても、そのデータをどう使えばよいのかわからない」「そもそも本音で回答されているとは思えない」など、データ活用に大きな障壁が存在します。

researcHRは、Teamsからメンバーの状況を自動で収集。
回答をAIが自動でポジティブ・ネガティブチェックすることで、自然なデータを算出。
さらに、算出されたデータから「要注視」ポイントやチームの特徴をレポートでお渡しします。

分析・レポート機能 詳細資料のダウンロードTeams/Slackを活用したマネジメントTIPS集
分析・レポート機能
詳細資料 ダウンロード
Teams/Slackを活用した
マネジメントTIPS集

「マネージャーによる1on1での個別フォローが中心。会話も進捗確認が中心になりがち」

「誰が悩んでいるかは分からないので、全員一律に声掛けする必要があり工数が増加」

こんな状況が変わる。解決する。

分析・レポート機能の詳細

Teamsに追加するだけで、
AIが「不定形の文章」からスコアリング

researcHRがメンバーの状況を自動収集、
メンバーはチャット上から情報を入力するだけ。
AIが「不定形の文章(回答)」を独自の指標でスコアリング。

researcHRへの"回答率"から
業務負荷を分析

researcHRへの回答率から、直近忙しいメンバーが分かり、業務配分などのサポートに役立ちます。

回答の"ネガティブ・ポジティブ"から
メンバーのコンディションを分析

researcHRへの回答内容のポジティブ・ネガティブ度をAIが数値化。
直近調子の良いメンバー、調子が下がっているメンバーを把握できるため、効率的なサポートが可能です。

スコアの"変化率"から
「今サポートが必要なメンバー」を可視化

回答率や、ポジティブ・ネガティブのスコア変化率を分析します。
メンバーの中でも、「今サポートが必要なメンバー」を視覚的にお伝えします。

必要なサポートをレポートでお伝えします

分析結果から、チームの「良い点」や「要注視ポイント」をお伝えします。今後のマネジメントにぜひご活用ください。

※KBE株式会社が提供する、「コンディション 分析・レポート機能」の概要や、実際のケースを基にした分析レポートを資料としてお伝えします。

各企業のTeams/Slackマネジメント事例集も提供中

今なら各企業の「Teams/Slackマネジメント事例集」を無料でご提供いたします。
下記よりぜひお問い合わせください。

資料請求/お問い合わせ